通院でのリハビリが困難な方にオススメしたい訪問リハビリ

訪問看護ステーションおとのいでは、国家資格を持った理学療法士が活躍中です。

理学療法といえば身体の機能維持や回復を目的としたリハビリテーションですが、

それをご自宅にいながら受けられるのが訪問リハビリです。

訪問リハビリで受けられるサービスとして最も直接的なのが、

身体機能アプローチと日常生活動作指導です。

身体機能アプローチとは、満足に機能しなくなってしまっている部分に対して

筋肉をほぐしたり関節の運動を行うサービスです。

国家資格を持つ理学療法士が直接体にアプローチすることで起き上がりや

立ち上がり、歩行などといった基本動作を行いやすいように指導を行います。

さらに、日常生活では食事や排せつ、入浴、更衣などさまざまな動作があります。

これらの動作を行うための指導や、それを介助してもらうための

コミュニケーションの取り方などについても指導を行います。

これらの支援サービスは病院でも受けることができますが、

リハビリを必要とする方の中には通院が困難という方も少なくありません。

そんな方に役立つのが、訪問によるリハビリサービスというわけです。

身体を動かしにくくなるというのは、日常生活にも大きな影響を及ぼします。

それがストレスになってしまうことも多いので、

そんな時は早めの時期にプロの理学療法士によって適切なアプローチを

行うことがその後の結果を大きく変えます。

身体機能の低下によるストレスは、健康上他の部分に悪影響を

及ぼすことも考えられます。

また、一緒に生活をされているご家族にとっても負担になってしまうので、

精神的なケアも含めて訪問リハビリを大いに

活用していただきたいと考えています。

その他にも、訪問リハビリを利用するメリットとして

ご自宅の住環境改善のご提案が挙げられます。

手すりの一や段差の対応などといった住環境の改善に加えて、

適切な福祉用具の選び方などについてもアドバイスをすることができますので、

あらゆる角度からの環境改善を見込むことができます。

こうした訪問リハビリは、介護認定をされた上で主治医が必要と認めることで

サービスを受けられるようになります。

こうした条件下であれば医療保険の利用も可能なので、

詳しいことは訪問看護ステーションおとのいまでお気軽にご相談ください。

早期のターミナルケア導入が推奨されている理由

ターミナルケアというと、終末期の緩和ケアだけに

フォーカスされている傾向が見られます。

しかし、実際のターミナルケアは「回復をあきらめた人」への

ケアというだけの意味合いではありません。

ターミナルケアを早期に導入することにより、

治療そのものの効果を高めることが分かってきており、

ターミナルケアの役割がより大きくなっています。

例えばガン治療におけるターミナルケアは痛みや不安を

取り除くことに終始すると思われがちですが、

ターミナルケアで痛みや不安を緩和することにより

がん治療の効果を高めることができるというわけです。

一般的に思われているターミナルケアの目的とは、

終末期のQOL 改善です。

痛みや不安を和らげ、穏やかに毎日を過ごすことで

QOL だけでなく「命の質」を改善することに主眼が置かれています。

もっとも、ターミナルケアを早期に導入したからといって

根治する可能性が高くなるわけではありません。

しかし、治療効果を高めることができれば延命も可能になるため、

利用者様にとっては選択肢が増えるというメリットがあります。

実はこうした取り組みは今に始まったことではありません。

2002 年に世界保健機構が「開始すべき積極的な医療」と定義しており、

日本で一般的に見なされているイメージとはかなり違うことが分かります。

さらに、2010 年にはアメリカにおいて緩和ケアによる生存期間延長の

可能性が研究され、そこでも期待の持てる結果が示されました。

とかく、日本人は痛みに強い(正確には痛みを我慢することに強い)

国民性があると言われています。

ちょっとした痛みであれば我慢してしまい、

我慢することが美徳であるという考え方が根底にあります。

これはもちろん周囲への気遣いからのものですが、

痛みや不安を我慢することでQOL だけでなく治療効果を

低くしてしまうとなると、話は別です。

ターミナルケア=終末期の緩和ケアというイメージだけでなく、

痛みや不安を緩和することが体を元気にするというイメージも加えることで、

ターミナルケアが持つ本来のメリットを発揮するのです。

こうした理由もあって、訪問看護ステーションおとのいでは

ターミナルケアの早期導入を推進しています。

有名音楽プロデューサーの引退報道に思う自宅療養の現実

某有名音楽プロデューサーが引退するというニュースが

大々的に報道されましたが、このプロデューサーの

引退報道には大きなポイントがひとつあります。

それは、この人の妻が脳の病気を患っており、

長年にわたってその自宅療養の面倒を見てきたという事実です。

かつては夫婦揃ってヒット曲を連発する音楽ユニットだった人たちが

今はこんな生活を強いられているとして注目を集めましたが、

ここで感じたのは自宅療養の難しさです。

このプロデューサーの妻はくも膜下出血によって脳にダメージが残ってしまい、

長年にわたってリハビリ生活を送っています。

日常生活を送るほどには回復しているとのことですが、

かつてのように歌を歌えないばかりか、

本人の話によると「子供のようになっている」とのことです。

やはり脳のダメージは完全に回復しているわけではなく、

誰かが療養の面倒を見ないといけない生活のようです。

自宅療養であるものの、夫本人は音楽プロデューサーとしての仕事が

忙しいと思うので、妻の面倒ばかりを見ているわけにはいかないでしょう。

その両立となると相当な苦労だと思うので、

この度の引退報道では同情の声も多く集まっています。

しかし、これは多くの方にとって他人事ではありません。

ご家族に脳卒中を発症して後遺症が残ってしまった人や、

認知症を発症した人などがいると、このケースと同じような生活となります。

実際、訪問看護ステーションの利用者には認知症を

発症した方も多くなっています。

特に認知症は自宅と違う環境での療養になるとストレスのせいで

悪化のスピードを速めてしまうことも多いため、

自宅で訪問看護によるケアが望ましいと言われています。

まさにこのプロデューサー夫婦のような状況になるわけですが、

そんな時はご家族だけで抱え込まず早い時期から訪問看護など、

プロが関与することで効果的なケアをするべきだと思います。

そのことが認知症を発症したご本人だけでなく、

ご家族の負担を和らげることにもなります。

訪問看護ステーションvs病院の訪問看護 働くならどっち?

訪問看護の需要が高まっているため、

看護師の資格をお持ちの方の中には訪問看護師としての活躍を

視野に入れている方が以前より多くなっています。

訪問看護ステーションおとのいにも専門の訪問看護師スタッフが活躍中ですが、

実際に働くとなると、訪問看護師には2 つの選択肢があります。

1 つ目はおとのいのような訪問看護ステーション、

もう1 つは病院が行っている訪問看護です。

まず、訪問看護ステーションの特徴から。

介護保険の設置基準には、訪問看護ステーションの看護師設置は

常勤換算で2.5 人となっています。

最低限それだけの看護師スタッフを配置しなければならないので、

訪問看護ステーションの数が増えるということは

それだけ就職の選択肢も多くなります。

また、当然ですが訪問看護ステーションは訪問看護を専門的に行っているので、

訪問看護をしたいと思う方がその意向通りの職業に就くことができます。

病院の場合は病棟や他の科などと1 つの医療法人となっているため、

訪問看護をやりたいと言ってもそうはならない可能性もあります。

もうひとつ、訪問看護ステーションに言えることは、

それぞれのステーションに特徴があるということです。

ターミナルケアに強い、利用者ニーズに合わせた営業時間の設定など、

規模がそれほど大きくないゆえに柔軟な運営をしているところが大半です。

これはつまり、就職先を選ぶにあたって自分が取り組みたいこと、

自分の強みを活かせるところ、

といった具合に職場を選びやすいと言えるでしょう。

また、小規模でアットホームな運営をしているところが多いので、

急な休みなどにも柔軟に対応してもらえる可能性が高く、

のんびりと腰を落ち着けて働きたいという性格の方に向いているとも思います。

もう一方の病院については、組織が大きいところが多いため、

勤務体系などが組織的に確立されているところが多いように思います。

アットホームさや柔軟性はあまりないかも知れませんが、

幅広い知識を得たりバリバリと活躍したいという人には適している職場です。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、訪問看護ステーションおとのいでは、

訪問看護ステーションならではの良さを活かした働きやすさを

常に追求していきたいと思います。

ターミナルケアは身体よりも心のケアが重要

ターミナルとは終末という意味で、

その終末期のケアをするのがターミナルケアです。

医師から余命が数ヶ月以内であると診断され、

今後の治療によって回復する見込みがない場合に施される看護サービスです。

治療の内容も延命や回復を目的とせず、

痛みと恐怖の緩和などが主な内容となります。

ここで「痛みと恐怖の緩和」とサラッと書きましたが、

実際の現場ではこんなサラッと表現できるようなものではないことを、

ここで書いてみたいと思います。

身体的な痛みなどの緩和は、薬を使うことでケアできます。

以前と比べると飛躍的に薬が良くなっているので、

同じターミナルケアでも以前より今の利用者様の方が

痛みを感じずに過ごせるかも知れません。

むしろ訪問看護のターミナルケアで重要だと思うのは、

後者の心のケアです。

人は死が目前に迫ってくると、表現しようのない恐怖を感じます。

「命まで取られることはない」というのは逆境になった時の

励ましに使われる言葉ですが、

その命まで取られようとしているのですから、

間違いなく人生の中で最悪の事態です。

もっとも、ある程度以上の年齢になって死を迎えることは、

「天寿を全うした」と納得できる部分もあるはずと思われるかも知れませんが、

人間は何歳になっても「あと少し」と思うもので、

納得しながら最期を迎えるというのは実に難しいことなのです。

訪問看護は自宅という住み慣れた場所での看護サービスです。

ターミナルケアを行う上で恵まれた環境とも言えますが、

だからといって病院と比べて何もかもがスムーズに進むかというと

そんなことも無いでしょう。

病院と違って住み慣れた環境だと精神的には安定しやすいですが、

その一方で何かあったときの緊急対応を取りにくいので、

そのことが利用者様自身の不安を増長させる可能性もあります。

長年一緒に生活をしてきたご家族ですら、

終末期を迎えた人と円満に接するのは難しいものです。

訪問看護のスタッフは専門家ではありますが、

ご家族のような長年の信頼関係があるわけではありません。

その中で信頼してもらい、安心してもらう看護というのは、

やはりプロの仕事なのだと思います。