自宅療養に移行するために欠かせない退院前カンファレンス

退院前カンファレンスとは、退院予定の方が自宅療養に

移行する時に在宅サービスを必要とする時に開催されます。

退院前カンファレンスには医療機関の方や在宅サービスを利用予定の

ご利用者様やそのご家族など、様々なメンバーによって構成されます。

必要に応じて訪問看護師が参加することもあるので、

退院前カンファレンスについてご説明しておきたいと思います。

このカンファレンスの開催には、主に次の2つの目的があります。

①ご利用者様情報の共有

ご利用者様が入院している機関が持っているご利用者様の情報を、

在宅サービスの担当者へ直接情報提供し、共有することを目的としています。

直接お互いの顔を見ながら情報共有をすることは連携を深める意味でも

重要なことであり、在宅療養に移行した後に分からないことや問題が発生しても

比較的スムーズに連携がとりやすく、

問い合わせもしやすくなるメリットがあります。

②ご利用者様やご家族への安心感の提供

在宅医療に移行することは面識がない人に自宅で看護活動などを

行ってもらうことになるため、ご利用者様だけでなくそのご家族も

いくらかの不安や抵抗感を抱えることが多くあります。

そこで、在宅医療に移行する前に退院前カンファレンスを開催して

ご利用者様とそのご家族に出席してもらい、

医療機関側から訪問看護師などといった在宅医療の担当者を紹介することで、

安心してサービスを受けてもらえるようにしています。

退院前カンファレンスはご利用者様やご家族の心理的な安心感を

与えるだけでなく、実際のケアにおいてもより安心感のあるものに

できると訪問看護ステーションおとのいは思っています。

というのも、在宅療養に関わるスタッフ同士がお互い面識を

持つことができるとともに、ご利用者様やそのご家族にお会いすることによって、

しっかりとした連携の基礎を作ることができるとともに、

それがあるからこそ本当にご利用者様が安心して受けられる

看護サービスを提供できると考えられるからです。

退院前カンファレンスは医療機関や在宅サービスのご利用者様、

参加する様々な職種のメンバーによって情報共有の内容や

必要とされる対応などが異なります。

そのため、訪問看護ステーションおとのいは、

訪問看護師には退院前カンファレンスの大まかな内容を

知っておいてもらうとともに、退院前カンファレンス後に

スムーズに訪問看護にあたるためのサポートを

さらに充実させていきたいと考えています。

知っておいて損はない、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師によるケア

訪問看護といえば訪問看護師の他に、担当医や医学療法士などが

関わることは知られていますが、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師なども、

担当医の同意書があれば関わることがあることをご存知でしょうか?

訪問看護を必要としているご利用者様は、場合によっては

機能訓練を必要とすることもあります。

その時に、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師に訪問してもらい、

マッサージや鍼灸の施術を利用することがあります。

なぜ、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師が担当医の同意書があれば

訪問看護に参加できるかというと、彼らは国家資格を持っているからです。

この国家資格を持っていれば、理学療法士や作業療法士などと同じように、

機能訓練の指導員としてご利用者様の看護活動に参加することができます。

そして実は、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の仕事は

マッサージするだけではありません。

訪問看護師は多くの職種の方と関わることから、

彼らの仕事について知っておいて損はないので、簡単にご説明したいと思います。

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の主な仕事はその名の通り、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸です。

彼らは自己判断で施術を行うのではなく、ご利用者様や担当医の指示を聞き、

それをもとにして筋肉をほぐしたりリラックスしてもらったり、

麻痺のある患部に刺激を与えるなどをしていきます。

鍼灸は抵抗感を感じるご利用者様がいらっしゃるなど、

様々な理由で施術の機会は減ってきているようです。

しかし、効果に即効性が期待できることから、

今までに鍼灸の経験がある方は施術を希望される傾向があります。

さらに、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師は先に挙げた施術と並行して、

機能訓練を行うこともあります。

このことについて、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

彼らは作業療法士や理学療法士ほど深い専門性があるわけではありませんが、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸の技術とともにリハビリテーションを

学んでいることも多いため、機能訓練に対応することが可能です。

例えば、指先の感覚を取り戻すことや起立、

歩行などといった生活動作の訓練などを行うことができます。

対応範囲は理学療法士や作業療法士の方が広いといえますが、

要望に応じてある程度のリハビリテーションが可能であるうえに、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸など、身体が楽になることや

リラックスできる施術も行ってくれるので、

ご利用者様が安心して自宅療養するために必要な方達だといえます。

訪問看護師は他職種の方との連携が大事な仕事です

訪問看護師は、障害を抱えた方や病気の方が住み慣れたご自宅で

療養生活を送ることができるようにサポートするサービスです。

訪問看護師の役割は、ご利用者様一人ひとりが希望する生き方を

サポートするために非常に重要であるとともに、

将来的に高齢社会になるといわれている日本において、

ますます重要なポジションとなりつつあります。

このように社会的に重要性が増している訪問看護師の仕事は、

目の前にいるご利用者様をサポートするだけにとどまらず、

他の職種の方とのスムーズな連携も求められます。

それはなぜかというと、ご利用者様が望む生活スタイルをできる限り

実現するために、あらゆる角度からのサービスが必要となるからです。

訪問看護師の具体的な仕事内容は、担当医の指示に従って

ご利用者様のケアを行うことはもちろん、健康状態のチェックや、

健康管理のためのアドバイスやご利用者様のご家族の相談相手に

なるなどといったことが挙げられます。

以上のように、訪問看護師にはご利用者様の日常生活をサポートするとともに、

ご利用者様のご家族のメンタル的なサポートなどをすることも求められますが、

全てのことを一人で完了できるほど万能でなければいけないわけではありません。

もちろん、訪問看護師自身の能力が高いに越したことはありませんが、

そこに加えて非常に重要になるのが、他の職種の方とのスムーズな連携です。

担当医との連携がスムーズであれば、

ご利用者様の健康状態や服用する薬などの様々な情報を共有しやすいため、

適切な対応のアドバイスや指示もより迅速にもらえるようになり、

ご利用者様がより快適にかつ、安心して生活しやすくなります。

身体の健康と心の健康は密接な関係にあるため、

ご自宅で安心して療養生活を送ることができるようにすることは

ご利用者様の心理的な負担を軽減することにつながり、

それが病気の回復や身体の健康につながると考えられます。

このことは、ご利用者様が社会復帰や自立を目指すためにも大切なことです。

また、他職種とのスムーズな連携によって安心できるサービスを提供することで、

ご利用者様のご家族にも安心していただくことができます。

訪問看護ステーションおとのいは、

ご利用者様やそのご家族が安心して利用できる訪問看護サービスを

提供することに努めることはもちろん、

訪問看護師が働きやすい環境を整えることにも力を注いでいます。

それは、訪問看護師は様々なケア活動や多職種の方との連携など、

求められることが多岐にわたる負担があり、

彼らがご利用者様に少しでも質の良いサービスを提供するためには、

訪問看護ステーションのバックアップが重要だといえるからです。

訪問看護師と連携する職種と連携内容②

訪問看護師に求められる活動には現場でのご利用者様のケアだけでなく、

他の職種の方とのスムーズな連携も含まれています。

高齢者の割合は年々増加傾向にあり、

今後の日本社会は近いうちに高齢社会に突入するといわれています。

そのような状況の中で、訪問看護を希望する方も増加傾向にあり、

ご利用様が必要とされる環境も多岐にわたることから、

訪問看護師の他職種との連携はますます重要性を増しています。

訪問看護師と連携する他職種については、

「訪問看護師と連携する職種と連携内容①」において、

担当医とケアマネージャーとの連携内容をご紹介しました。

詳細は記事をご覧いただくと参考になると思います。

今回は、これからますます需要が増えることが予想できる、

ヘルパーとの連携についてご説明したいと思います。

ヘルパーが行うケアは訪問看護師とは異なり、

身体介護や生活援助などを行うことにより、

ご利用者様の健康状態をいち早くかつ、

より詳しく知ることができる立場の方達です。

ヘルパーの方はご利用者様の食事のお世話だけでなく、

排泄や入浴などといった、

日常生活を送るうえで大切なサポートをメインに行っているため、

訪問看護師がケアを行うために必要な情報を

多く提供していただくことができます。

そのため、ヘルパーの方と密に情報交換を行うことで訪問看護師の負担が

軽減され、看護活動をよりスムーズに行うことが可能になります。

訪問看護師の技術をより良い形で提供するとともに、

ご利用者様がより快適にご自宅での生活を送れるようにするためにも、

ヘルパーの方との良いつながりを構築することが大切です。

訪問看護師と連携を行う職種は、

これまでにご紹介した担当医やケアマネージャー、

ヘルパーの他にも理学療法士など、

ご利用者様の必要に応じた知識を持つ方が対象となります。

今回の記事と、「訪問看護師と連携する職種と連携内容①」を

ご覧いただくことで、

訪問看護師と他職種との密な連携がいかに重要かをご理解いただけると思います。

訪問看護をご希望される方は、医療機関に通うことが困難な方や、

自宅でご家族と一緒に安心して療養することを希望する方など、

目的や要望が多岐にわたります。

また、訪問看護を希望される方の年齢も赤ちゃんから高齢の方まで幅広く、

柔軟な支援体制が必要とされています。

訪問看護師に求められる役割は重要であり、その分負担も大きいため、

訪問看護ステーションおとのいは訪問看護の活動そのものはもちろん、

他職種の方とより連携しやすくなるようにバックアップに

努めなければならないと感じています。

訪問看護師と連携する職種と連携内容①

訪問看護師に求められる活動には現場でのご利用者様のケアだけでなく、

他の職種の方とのスムーズな連携も含まれています。

そのため、これから訪問看護師になることを考えている方にとっては、

どのような職種の方と、どのような連携をしているのか

気になるところではないでしょうか?

このような疑問にお答えするために、訪問看護師と連携する職種と、

その連携内容を順を追ってご説明したいと思います。

(訪問看護師と連携する職種と連携内容)

①担当医との連携

訪問看護師が看護する対象は病気や障害を抱えた方であり、

高齢者の方だけでなく、比較年齢の若い方など様々です。

それに加えてご利用者様のご自宅が看護の現場となるため、

訪問看護師が働く環境は実に様々であり、

一人ひとりに対して的確なケアを行うためには、

担当医との連携が非常に重要になります。

では、担当医との連携内容はどのようなものがあるかというと、

訪問看護師は一般的に、担当医の指示書に従ってご利用者様のケアを行います。

訪問看護は医療環境が万全に整った医療機関でのケアとは異なり、

医療環境が限られている自宅でのケアとなるため、

担当医の指示はご利用者様の安全のためにも欠かせないものです。

また、訪問看護師は担当医の支持を一方的に受けているだけではなく、

看護の現場の状況やご利用者様の状態などを報告書にまとめて担当医に

提出するなど、ご利用者様の健康を守るための情報交換も行っています。

さらに、ご利用者様によっては医療機器の管理や操作などの専門知識が

要求されることもあり、そういった場合は適切なケアを行うためにも

担当医や他職種との連携が欠かせないものになります。

以上のことから、訪問看護師と担当医との連携は、

他職種との連携の中でも特に密接である必要があり、

訪問看護師にはスムーズでスピーディーなコミュニケーション能力が

必要となります。

②ケアマネージャーとの連携

日本は高齢社会になりつつある中で訪問看護を希望する方が増加傾向に

あることから、ケアマネージャーとの連携も年々重要性を増しています。

ケアマネージャーは訪問看護師とご利用者様をつなぐ存在である以上に、

ご利用者がより快適に毎日を過ごすことができるようにするための重要な役割を

担っています。

そのため、訪問看護師とケアマネージャーが密に情報交換を行うことによって、

双方が円滑に協力し合えるようにすることは、

ご利用者様の健康と安心につながります。