訪問看護という働き方にはいくらか苦労もあります③

「訪問看護という働き方にはいくらか苦労もあります①」や

「訪問看護という働き方にはいくらか苦労もあります②」で取り上げたように、

訪問看護師はご利用者様やそのご家族の方、担当医の方や理学方など、

多くの人とのコミュニケーションが必要とされるため

自分から動く積極性が求められるとともに、

様々な立場の人達と関わるからこその苦労もあります。

そういったコミュニケーションにおける苦労にはおいて、

他職種の方との関わり方が取り上げられやすいように感じますが、

実は同じ訪問看護ステーション内でも、

他の訪問看護師との関わり方に苦労するケースはあります。

それは何かというと、医療機関などに勤めた経験が長い方が

訪問看護師として転職してきた時に起こりやすいものです。

転職してきた方との関わり方が

必ずしも苦労するものであるわけではありませんが、

お互いの働き方が良く分かっている訪問看護師同士よりも

うまくコミュニケーションを取る必要があることは確かなので、

つぎに良く生じる体験談と合わせてご紹介していきます。

訪問看護は基本的に、ご利用者様のご自宅に一人で訪問して看護活動を行うため、

自分で判断して行動する必要がある場面が多々あります。

しかし、これは誰でも最初からできるわけではなく、

特に他の看護師と連携して看護をする病棟勤務経験が長い方は

戸惑うことも多いことから、新人のうちは先輩や周りが

しっかりとサポートします。

しかし、いつまでも誰かと一緒に訪問看護ができるわけではなく、

ある期間を過ぎれば1人で訪問看護をしなければなりません。

そうなると、自分で判断することや責任を負うことに

自信がない新人の方の中には逐一相談の連絡入れる方がおり、

そうなると訪問看護ステーションのスタッフが

その度に作業を中断して相談にのることや、

その新人の方のもとに駆け付ける必要性も発生してしまいます。

また、病棟勤務の長かった新人の方の中には、

その時と同じ感覚で業務を変わってほしいと

訪問看護ステーションに連絡してくる新人の方もいらっしゃいます。

新しい環境や働き方に慣れるのは大変だとは思いますが、

「何かあれば他の人に変わってもらえば良い」という感覚や、

「自分で判断することや責任を持つことに自信がない」といった考えを

持ったままでは、訪問看護師は務まりません。

訪問看護ステーションおとのいは新しく訪問看護師として働く方を

全力でサポートすることに努めていますが、

訪問看護師の方も「ご利用者様が頼りにしているのは自分である」という

自覚を持ち、ご利用者様が安心して療養できる

環境づくりに努めて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です