訪問看護は他職種の方と良い関係を築く接し方が重要です③

訪問看護を利用されているご利用者様の中には、

デイサービスを利用されている方も多くいらっしゃいます。

デイサービスを利用することで入浴やリハビリなどのケアを

してもらえるだけでなく、同年代の方などとの交流や

ご家族が休む時間を確保することができるなどといったメリットが

得られることから、在宅看護を利用している方が社会との接点を持つとともに、

生活に潤いが得られることでも良いことだと思います。

訪問看護師がご利用者様のご自宅に伺うのは週に1度か2度がほとんどであり、

訪問のタイミングによってはご家族が不在であるために、

ヘルパーの方など他職種の方が書いた記録が看護活動において

頼りになる資料となります。

ヘルパーの方の場合はオムツ交換の際の排泄状況など、

身体のケアについて記録してくれており、

それだけでも訪問看護活動においては助かるものなのですが、

デイサービスの場合はそれに加えてレクリエーションでの表情など、

ご利用者様の心理状態に関わるようなことも

記録してくれるので非常に助かります。

また、内服薬や貼用薬などもご家族だけで確実に

投与できているか不安がある場合がありますが、

デイサービスを利用していれば確実に薬を

投与できているという安心感があります。

以上のことから、毎日ご利用者様のご自宅に

訪問できるわけではない訪問看護師にとって、

デイサービスの存在はとても安心感があり、ありがたいものです。

訪問看護師がデイサービスとの連携で困ったことがあるとすれば、

稀なケースではありますが、利用しているデイサービスでは

車いす用の体重測定を扱えるスタッフが限られていたために、

デイサービスに体重測定を依頼してもすぐには

応じてもらえなかったというようなことがあったようです。

デイサービスは施設の環境やスタッフの人数によって応じられるサービスが

微妙に異なるため、訪問看護師はご利用者様が

利用しているデイサービスのサービス内容を事前にチェックしておき、

どのような依頼なら応じてもらえるか把握しておく必要があるかもしれません。

「訪問看護は他職種の方と良い関係を築く接し方が重要です」という

タイトルの3つの記事で、ケアマネージャーの方や主治医である先生、

ヘルパーの方などとの接し方について触れましたが、

これらの職種の方以外にも、訪問看護師が連携する必要がある職種の方は

多岐に渡ります。

それぞれの職種で立場や知識の範囲などに違いがあるため、

意見の食い違いや連携の難しさが発生することもあるかもしれませんが、

訪問看護ステーションおとのいとしては、

お互いの立場をできる限り理解したうえで協力し合い、

良い関係を築いてご利用者様をサポートしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です