訪問看護は他職種の方と良い関係を築く接し方が重要です①

これから訪問看護師になることを希望している方や、

訪問看護業界に興味を持っている方の多くが気にしているのは、

主に仕事内容や待遇などであると思います。

行うものであり、実は他職種の方と良い関係を築くための接し方が

非常に重要となります。

訪問看護の業務においては、連携を密にしなければ看護活動が

滞ってしまうほど深いつながりがある他職種もあれば

、直接のやり取りをすることがなくてもご利用者様を通して

関連を持っている他職種もあります。

訪問看護師との関連が強い弱いに関係なく、

どの職種の方も在宅療養をしているご利用者様が

安心して毎日を送るためには欠かせない存在であることを忘れずに、

日々の訪問看護活動を行うことが大切です。

ただ、他職種の方と連携する中で困ったことや接し方に

苦労したといったこともたまに聞くことがあります。

そこで、訪問看護師が他職種の方と良い関係を築きやすくするためにも、

連携に苦労したケースを例に挙げながらどうやって接することを

心掛けた方が良いかについて、お話していきたいと思います。

まず、訪問看護師が密に連携する他職種の方として、

ケアマネージャーが挙げられます。

訪問看護師は訪問予定やキャンセルの確認、

ご利用者様の状態に合わせたケア内容の変更、休日訪問の依頼など、

看護活動に関する情報をケアマネージャーの方に逐一報告をする必要があります。

ほとんどのケアマネージャーの方は優しくて真面目な方なのですが、

多忙であるということも相まってごく稀に言い方が厳しいなど、

ご利用者様には優しくても訪問看護師などの看護スタッフには

厳しくしてしまう方もいらっしゃるようです。

訪問看護ステーションおとのいとしては、

看護内容が多岐に渡る訪問看護師の負担が

増えるのは良くないと考えているのですが、

多忙なケアマネージャーの方の事情や仕事内容に理解を示したうえで、

訪問看護師の方から積極的に情報共有や業務に

必要なことの確認をとるようにすることも必要だと考えています。

また、誰でも機嫌が悪い時はあるものだと考えて、

相手の言い方を気にし過ぎないようにすることも大切ですし、

訪問看護師自身も言葉遣いなどに気を付けるなどの気遣いが必要だと思います。

ただ、人間関係を良好に築くというのはなかなか難しい時もあるので、

業務をするうえでケアマネージャーの方など

他職種の方との接し方で悩むことがあれば、

遠慮なく訪問看護ステーションおとのいに相談していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です