退院前カンファレンスでは在宅医療に必要な意見交換をしています

退院前カンファレンスは、退院予定の方が自宅療養に移行する際に

在宅サービスを必要とする時に開催されるもので、

スムーズに自宅療養に移行するために大切なものです。

この退院前カンファレンスを主催しているのはご利用者様が

入院している医療機関の医療ソーシャルワーカーであり、

その方を中心として院内関係者からはご利用者様の担当医師や看護師、

リハビリスタッフなどといった職種の方が参加しています。

また、在宅サービス関連のメンバーも参加しており、

訪問看護師やケアマネージャー、訪問リハビリスタッフや

訪問ヘルパーなどといった方々も参加しています。

この退院前カンファレンスには、医療機関のスタッフや

在宅サービス関連のスタッフだけでなく、

ご利用者様やそのご家族にも参加してもらうことがよくあります。

それはなぜかというと、自宅療養によって様々なサービスを

ご利用いただくのはご利用者様やそのご家族であるため、

自宅療養に移る際の希望や意見などを伺うとともに、

医療機関側と在宅サービス側の連携の様子を見てもらうことで、

医療機関での療養から離れることに対する不安を和らげてもらう目的もあります。

では、退院前カンファレンスではどういった内容を

関係者内で話し合うかというと、病気や治療の内容、

病棟における看護状況やリハビリの内容に加えて、

ご利用者に適した社会保障制度の活用状況に必要であると

考えられる在宅サービスの内容など、

ご利用者様が安心して療養生活を送るために必要なものについて、

話し合いと情報共有を行います。

在宅での療養は、医療機関のように療養に必要な環境が

全て十分に整った状態をそのまま受け続けられるわけではなく、

ご利用者様に合わせた環境に整えてから移行することが重要になるため、

それぞれの専門家が入念な情報共有と打ち合わせをすることが求められます。

そのため、入院前カンファレンスはご利用者様やそのご家族の意見や要望、

心配事を聞きながら進めることも珍しくありません。

このように、退院前カンファレンスはご利用者様やそのご家族にとって、

多くの情報を得ることができるとともに、

これから安心して在宅医療を受けるために重要なものでもあるため、

ほんの些細な要望や不安でも、全てお話しいただきたいと考えています。

訪問看護ステーションおとのいは退院前カンファレンスでご利用者様の

ご要望や不安に感じていることを事前に知っておくことで、

ご利用者様が安心して自宅療養できるようにサポートする体制を

万全に整えておきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です