あん摩マッサージ指圧師が苦労していることや情報共有のコツ

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師も、

担当医の判断によって訪問看護に参加してもらうことは

あまり知られていないかもしれませんが、

ご利用者様にリラックスしてももらうことや

リラックスしてもらうことを主とした施術を行う重要な方々です。

彼らが施術をする時に一番苦労することは、時間制限だといわれています。

訪問自体に期間や、週何回などといった回数制限は特にありませんが、

1人のあん摩マッサージ指圧師が一日に訪問するご利用者様の

お宅は10件から15件ほどであり、1件あたりにとれる施術時間は

20分から30分程度だといわれています。

実際にマッサージをし始めると、20分から30分というのは思いのほか時間が短く、

全身のマッサージをして欲しいとなると時間ギリギリとなってしまううえに、

機能訓練まで必要とされると時間的に厳しくなってしまいます。

さらに、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師はご利用者様の身体を

ほぐす施術を行うため、できるだけ毎日訪問して施術してもらうことが

理想なのですが、ご利用者様のご家族の都合などによっては

週1回などといったこともよくあることです。

この場合は月4回の施術となるため、この4階でどれだけ

ご利用者様の要望に応えられるかということが重要になってきます。

時間制限がある中でご利用者様の体をほぐすことや、

麻痺のある幹部に刺激を与えるには高い技術力が必要とされます。

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の方は、先に述べたような活動にあたるために、

日々スキルを磨くことを要求されているのです。

では、訪問看護師はあん摩マッサージ指圧師や鍼灸師との連携において

何をするべきかというと、ご利用者様の変化や気になったことを、

ケアマネージャーを通じて迅速に共有することです。

特に、ご利用者様が転倒したといったことや、

機能の衰えが見られるなどといったことは、

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師にとっては施術を

行ううえでの重要な情報なので、ケアマネージャーに

すぐに連絡することが必要とされます。

もし、ケアマネージャーに連絡するほどでもないと迷った場合は、

連絡ノートなど、日々のちょっとしたことを共有できるノートを

ご利用者様のお宅に置いておくことも有効です。

訪問看護師はご利用者様の非常に身近にいる存在であるとともに、

他職種の方との連携の要でもあるため、先に述べた情報共有ノートなど、

ちょっとしたことにも気を配ることでお互いの負担を軽減できるとともに、

サービスの向上が図ることができると

訪問看護ステーションおとのいは考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です