自宅療養に移行するために欠かせない退院前カンファレンス

退院前カンファレンスとは、退院予定の方が自宅療養に

移行する時に在宅サービスを必要とする時に開催されます。

退院前カンファレンスには医療機関の方や在宅サービスを利用予定の

ご利用者様やそのご家族など、様々なメンバーによって構成されます。

必要に応じて訪問看護師が参加することもあるので、

退院前カンファレンスについてご説明しておきたいと思います。

このカンファレンスの開催には、主に次の2つの目的があります。

①ご利用者様情報の共有

ご利用者様が入院している機関が持っているご利用者様の情報を、

在宅サービスの担当者へ直接情報提供し、共有することを目的としています。

直接お互いの顔を見ながら情報共有をすることは連携を深める意味でも

重要なことであり、在宅療養に移行した後に分からないことや問題が発生しても

比較的スムーズに連携がとりやすく、

問い合わせもしやすくなるメリットがあります。

②ご利用者様やご家族への安心感の提供

在宅医療に移行することは面識がない人に自宅で看護活動などを

行ってもらうことになるため、ご利用者様だけでなくそのご家族も

いくらかの不安や抵抗感を抱えることが多くあります。

そこで、在宅医療に移行する前に退院前カンファレンスを開催して

ご利用者様とそのご家族に出席してもらい、

医療機関側から訪問看護師などといった在宅医療の担当者を紹介することで、

安心してサービスを受けてもらえるようにしています。

退院前カンファレンスはご利用者様やご家族の心理的な安心感を

与えるだけでなく、実際のケアにおいてもより安心感のあるものに

できると訪問看護ステーションおとのいは思っています。

というのも、在宅療養に関わるスタッフ同士がお互い面識を

持つことができるとともに、ご利用者様やそのご家族にお会いすることによって、

しっかりとした連携の基礎を作ることができるとともに、

それがあるからこそ本当にご利用者様が安心して受けられる

看護サービスを提供できると考えられるからです。

退院前カンファレンスは医療機関や在宅サービスのご利用者様、

参加する様々な職種のメンバーによって情報共有の内容や

必要とされる対応などが異なります。

そのため、訪問看護ステーションおとのいは、

訪問看護師には退院前カンファレンスの大まかな内容を

知っておいてもらうとともに、退院前カンファレンス後に

スムーズに訪問看護にあたるためのサポートを

さらに充実させていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です