知っておいて損はない、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師によるケア

訪問看護といえば訪問看護師の他に、担当医や医学療法士などが

関わることは知られていますが、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師なども、

担当医の同意書があれば関わることがあることをご存知でしょうか?

訪問看護を必要としているご利用者様は、場合によっては

機能訓練を必要とすることもあります。

その時に、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師に訪問してもらい、

マッサージや鍼灸の施術を利用することがあります。

なぜ、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師が担当医の同意書があれば

訪問看護に参加できるかというと、彼らは国家資格を持っているからです。

この国家資格を持っていれば、理学療法士や作業療法士などと同じように、

機能訓練の指導員としてご利用者様の看護活動に参加することができます。

そして実は、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の仕事は

マッサージするだけではありません。

訪問看護師は多くの職種の方と関わることから、

彼らの仕事について知っておいて損はないので、簡単にご説明したいと思います。

あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の主な仕事はその名の通り、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸です。

彼らは自己判断で施術を行うのではなく、ご利用者様や担当医の指示を聞き、

それをもとにして筋肉をほぐしたりリラックスしてもらったり、

麻痺のある患部に刺激を与えるなどをしていきます。

鍼灸は抵抗感を感じるご利用者様がいらっしゃるなど、

様々な理由で施術の機会は減ってきているようです。

しかし、効果に即効性が期待できることから、

今までに鍼灸の経験がある方は施術を希望される傾向があります。

さらに、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師は先に挙げた施術と並行して、

機能訓練を行うこともあります。

このことについて、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

彼らは作業療法士や理学療法士ほど深い専門性があるわけではありませんが、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸の技術とともにリハビリテーションを

学んでいることも多いため、機能訓練に対応することが可能です。

例えば、指先の感覚を取り戻すことや起立、

歩行などといった生活動作の訓練などを行うことができます。

対応範囲は理学療法士や作業療法士の方が広いといえますが、

要望に応じてある程度のリハビリテーションが可能であるうえに、

あん摩マッサージ指圧や鍼灸など、身体が楽になることや

リラックスできる施術も行ってくれるので、

ご利用者様が安心して自宅療養するために必要な方達だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です