訪問看護師は他職種の方との連携が大事な仕事です

訪問看護師は、障害を抱えた方や病気の方が住み慣れたご自宅で

療養生活を送ることができるようにサポートするサービスです。

訪問看護師の役割は、ご利用者様一人ひとりが希望する生き方を

サポートするために非常に重要であるとともに、

将来的に高齢社会になるといわれている日本において、

ますます重要なポジションとなりつつあります。

このように社会的に重要性が増している訪問看護師の仕事は、

目の前にいるご利用者様をサポートするだけにとどまらず、

他の職種の方とのスムーズな連携も求められます。

それはなぜかというと、ご利用者様が望む生活スタイルをできる限り

実現するために、あらゆる角度からのサービスが必要となるからです。

訪問看護師の具体的な仕事内容は、担当医の指示に従って

ご利用者様のケアを行うことはもちろん、健康状態のチェックや、

健康管理のためのアドバイスやご利用者様のご家族の相談相手に

なるなどといったことが挙げられます。

以上のように、訪問看護師にはご利用者様の日常生活をサポートするとともに、

ご利用者様のご家族のメンタル的なサポートなどをすることも求められますが、

全てのことを一人で完了できるほど万能でなければいけないわけではありません。

もちろん、訪問看護師自身の能力が高いに越したことはありませんが、

そこに加えて非常に重要になるのが、他の職種の方とのスムーズな連携です。

担当医との連携がスムーズであれば、

ご利用者様の健康状態や服用する薬などの様々な情報を共有しやすいため、

適切な対応のアドバイスや指示もより迅速にもらえるようになり、

ご利用者様がより快適にかつ、安心して生活しやすくなります。

身体の健康と心の健康は密接な関係にあるため、

ご自宅で安心して療養生活を送ることができるようにすることは

ご利用者様の心理的な負担を軽減することにつながり、

それが病気の回復や身体の健康につながると考えられます。

このことは、ご利用者様が社会復帰や自立を目指すためにも大切なことです。

また、他職種とのスムーズな連携によって安心できるサービスを提供することで、

ご利用者様のご家族にも安心していただくことができます。

訪問看護ステーションおとのいは、

ご利用者様やそのご家族が安心して利用できる訪問看護サービスを

提供することに努めることはもちろん、

訪問看護師が働きやすい環境を整えることにも力を注いでいます。

それは、訪問看護師は様々なケア活動や多職種の方との連携など、

求められることが多岐にわたる負担があり、

彼らがご利用者様に少しでも質の良いサービスを提供するためには、

訪問看護ステーションのバックアップが重要だといえるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です