退院から自宅療養へ移行するには、医療ソーシャルワーカーとの連携が重要です

近年は医療機関での療養よりも、自宅療養を希望する方が増えてきています。

医療機関から退院して自宅療養へ移行する時には、

様々な機関や職種が関わっており、

医療ソーシャルワーカーも関わりのある職種の1つです。

医療ソーシャルワーカーは医療機関に所属しており、

治療を必要とする方に生じる経済的な問題や社会的な問題、

精神的な問題に対して様々なサポートを行い、

安心して治療や療養生活を送れるように支援を行います。

また、医療ソーシャルワーカーの支援内容には在宅移行支援も含まれており、

在宅療養を希望する方とそのご家族に、

在宅で利用できるサービスの情報提供や、

そのサービスを利用するための調整をサポートする役割などを担っています。

さらに、医療費や訪問看護などを利用するための社会保障制度の活用方法も

案内したり、そのための手続きのサポートも行います。

ここまでにご紹介した業務内容以外にも、

訪問看護師などといった在宅療養の担当者へ在宅療養希望者の情報を提供したり、

退院前に情報共有の場を設けるなど、

ご利用者様が在宅医療に移行するうえで訪問看護師との連携が

重要となるポジションに位置しています。

しかし、医療ソーシャルワーカーが自宅療養を希望する方に訪問看護を

紹介する時には、訪問看護の必要性を説明することに

苦労することもあるようです。

最近は訪問看護を受けている方は珍しくないため、

訪問看護の必要性を理解してくれているご利用者様や、

そのご家族の方も多くいらっしゃいます。

その一方で、訪問看護が提供するサービスに対して理解がなかったり、

場合によっては拒否されることもあるようです。

訪問看護はご自宅に看護師が行くこととなるので、

サービスの利用にかかる費用を心配する以上に、

他人を自宅に入れる抵抗感を強く感じる方や、

不安に思う方がいらっしゃることは自然なことのように思います。

このように不安や抵抗感を感じている自宅療養を希望している方や、

そのご家族に納得してもらえるように、

保険の適用ができることや具体的な事例を提示しながら、

根気強く丁寧に説明することは、大変気力がいることだと思います。

訪問看護ステーションおとのいは、

他職種との密な連携が必要となる訪問看護師は

医療ソーシャルワーカーを含む他職種の方が行っている業務内容や、

それに伴う苦労を理解する必要があると考えています。

そうやってお互いの立場や仕事内容を理解し合うことで、

よりスムーズに連携できる良い関係を築くことができ、

ご利用者さまにより良いサービスを提供できるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です