訪問看護師は他職種の方との連携が大事な仕事です

訪問看護師は、障害を抱えた方や病気の方が住み慣れたご自宅で

療養生活を送ることができるようにサポートするサービスです。

訪問看護師の役割は、ご利用者様一人ひとりが希望する生き方を

サポートするために非常に重要であるとともに、

将来的に高齢社会になるといわれている日本において、

ますます重要なポジションとなりつつあります。

このように社会的に重要性が増している訪問看護師の仕事は、

目の前にいるご利用者様をサポートするだけにとどまらず、

他の職種の方とのスムーズな連携も求められます。

それはなぜかというと、ご利用者様が望む生活スタイルをできる限り

実現するために、あらゆる角度からのサービスが必要となるからです。

訪問看護師の具体的な仕事内容は、担当医の指示に従って

ご利用者様のケアを行うことはもちろん、健康状態のチェックや、

健康管理のためのアドバイスやご利用者様のご家族の相談相手に

なるなどといったことが挙げられます。

以上のように、訪問看護師にはご利用者様の日常生活をサポートするとともに、

ご利用者様のご家族のメンタル的なサポートなどをすることも求められますが、

全てのことを一人で完了できるほど万能でなければいけないわけではありません。

もちろん、訪問看護師自身の能力が高いに越したことはありませんが、

そこに加えて非常に重要になるのが、他の職種の方とのスムーズな連携です。

担当医との連携がスムーズであれば、

ご利用者様の健康状態や服用する薬などの様々な情報を共有しやすいため、

適切な対応のアドバイスや指示もより迅速にもらえるようになり、

ご利用者様がより快適にかつ、安心して生活しやすくなります。

身体の健康と心の健康は密接な関係にあるため、

ご自宅で安心して療養生活を送ることができるようにすることは

ご利用者様の心理的な負担を軽減することにつながり、

それが病気の回復や身体の健康につながると考えられます。

このことは、ご利用者様が社会復帰や自立を目指すためにも大切なことです。

また、他職種とのスムーズな連携によって安心できるサービスを提供することで、

ご利用者様のご家族にも安心していただくことができます。

訪問看護ステーションおとのいは、

ご利用者様やそのご家族が安心して利用できる訪問看護サービスを

提供することに努めることはもちろん、

訪問看護師が働きやすい環境を整えることにも力を注いでいます。

それは、訪問看護師は様々なケア活動や多職種の方との連携など、

求められることが多岐にわたる負担があり、

彼らがご利用者様に少しでも質の良いサービスを提供するためには、

訪問看護ステーションのバックアップが重要だといえるからです。

訪問看護師と連携する職種と連携内容②

訪問看護師に求められる活動には現場でのご利用者様のケアだけでなく、

他の職種の方とのスムーズな連携も含まれています。

高齢者の割合は年々増加傾向にあり、

今後の日本社会は近いうちに高齢社会に突入するといわれています。

そのような状況の中で、訪問看護を希望する方も増加傾向にあり、

ご利用様が必要とされる環境も多岐にわたることから、

訪問看護師の他職種との連携はますます重要性を増しています。

訪問看護師と連携する他職種については、

「訪問看護師と連携する職種と連携内容①」において、

担当医とケアマネージャーとの連携内容をご紹介しました。

詳細は記事をご覧いただくと参考になると思います。

今回は、これからますます需要が増えることが予想できる、

ヘルパーとの連携についてご説明したいと思います。

ヘルパーが行うケアは訪問看護師とは異なり、

身体介護や生活援助などを行うことにより、

ご利用者様の健康状態をいち早くかつ、

より詳しく知ることができる立場の方達です。

ヘルパーの方はご利用者様の食事のお世話だけでなく、

排泄や入浴などといった、

日常生活を送るうえで大切なサポートをメインに行っているため、

訪問看護師がケアを行うために必要な情報を

多く提供していただくことができます。

そのため、ヘルパーの方と密に情報交換を行うことで訪問看護師の負担が

軽減され、看護活動をよりスムーズに行うことが可能になります。

訪問看護師の技術をより良い形で提供するとともに、

ご利用者様がより快適にご自宅での生活を送れるようにするためにも、

ヘルパーの方との良いつながりを構築することが大切です。

訪問看護師と連携を行う職種は、

これまでにご紹介した担当医やケアマネージャー、

ヘルパーの他にも理学療法士など、

ご利用者様の必要に応じた知識を持つ方が対象となります。

今回の記事と、「訪問看護師と連携する職種と連携内容①」を

ご覧いただくことで、

訪問看護師と他職種との密な連携がいかに重要かをご理解いただけると思います。

訪問看護をご希望される方は、医療機関に通うことが困難な方や、

自宅でご家族と一緒に安心して療養することを希望する方など、

目的や要望が多岐にわたります。

また、訪問看護を希望される方の年齢も赤ちゃんから高齢の方まで幅広く、

柔軟な支援体制が必要とされています。

訪問看護師に求められる役割は重要であり、その分負担も大きいため、

訪問看護ステーションおとのいは訪問看護の活動そのものはもちろん、

他職種の方とより連携しやすくなるようにバックアップに

努めなければならないと感じています。

訪問看護師と連携する職種と連携内容①

訪問看護師に求められる活動には現場でのご利用者様のケアだけでなく、

他の職種の方とのスムーズな連携も含まれています。

そのため、これから訪問看護師になることを考えている方にとっては、

どのような職種の方と、どのような連携をしているのか

気になるところではないでしょうか?

このような疑問にお答えするために、訪問看護師と連携する職種と、

その連携内容を順を追ってご説明したいと思います。

(訪問看護師と連携する職種と連携内容)

①担当医との連携

訪問看護師が看護する対象は病気や障害を抱えた方であり、

高齢者の方だけでなく、比較年齢の若い方など様々です。

それに加えてご利用者様のご自宅が看護の現場となるため、

訪問看護師が働く環境は実に様々であり、

一人ひとりに対して的確なケアを行うためには、

担当医との連携が非常に重要になります。

では、担当医との連携内容はどのようなものがあるかというと、

訪問看護師は一般的に、担当医の指示書に従ってご利用者様のケアを行います。

訪問看護は医療環境が万全に整った医療機関でのケアとは異なり、

医療環境が限られている自宅でのケアとなるため、

担当医の指示はご利用者様の安全のためにも欠かせないものです。

また、訪問看護師は担当医の支持を一方的に受けているだけではなく、

看護の現場の状況やご利用者様の状態などを報告書にまとめて担当医に

提出するなど、ご利用者様の健康を守るための情報交換も行っています。

さらに、ご利用者様によっては医療機器の管理や操作などの専門知識が

要求されることもあり、そういった場合は適切なケアを行うためにも

担当医や他職種との連携が欠かせないものになります。

以上のことから、訪問看護師と担当医との連携は、

他職種との連携の中でも特に密接である必要があり、

訪問看護師にはスムーズでスピーディーなコミュニケーション能力が

必要となります。

②ケアマネージャーとの連携

日本は高齢社会になりつつある中で訪問看護を希望する方が増加傾向に

あることから、ケアマネージャーとの連携も年々重要性を増しています。

ケアマネージャーは訪問看護師とご利用者様をつなぐ存在である以上に、

ご利用者がより快適に毎日を過ごすことができるようにするための重要な役割を

担っています。

そのため、訪問看護師とケアマネージャーが密に情報交換を行うことによって、

双方が円滑に協力し合えるようにすることは、

ご利用者様の健康と安心につながります。

退院から自宅療養へ移行するには、医療ソーシャルワーカーとの連携が重要です

近年は医療機関での療養よりも、自宅療養を希望する方が増えてきています。

医療機関から退院して自宅療養へ移行する時には、

様々な機関や職種が関わっており、

医療ソーシャルワーカーも関わりのある職種の1つです。

医療ソーシャルワーカーは医療機関に所属しており、

治療を必要とする方に生じる経済的な問題や社会的な問題、

精神的な問題に対して様々なサポートを行い、

安心して治療や療養生活を送れるように支援を行います。

また、医療ソーシャルワーカーの支援内容には在宅移行支援も含まれており、

在宅療養を希望する方とそのご家族に、

在宅で利用できるサービスの情報提供や、

そのサービスを利用するための調整をサポートする役割などを担っています。

さらに、医療費や訪問看護などを利用するための社会保障制度の活用方法も

案内したり、そのための手続きのサポートも行います。

ここまでにご紹介した業務内容以外にも、

訪問看護師などといった在宅療養の担当者へ在宅療養希望者の情報を提供したり、

退院前に情報共有の場を設けるなど、

ご利用者様が在宅医療に移行するうえで訪問看護師との連携が

重要となるポジションに位置しています。

しかし、医療ソーシャルワーカーが自宅療養を希望する方に訪問看護を

紹介する時には、訪問看護の必要性を説明することに

苦労することもあるようです。

最近は訪問看護を受けている方は珍しくないため、

訪問看護の必要性を理解してくれているご利用者様や、

そのご家族の方も多くいらっしゃいます。

その一方で、訪問看護が提供するサービスに対して理解がなかったり、

場合によっては拒否されることもあるようです。

訪問看護はご自宅に看護師が行くこととなるので、

サービスの利用にかかる費用を心配する以上に、

他人を自宅に入れる抵抗感を強く感じる方や、

不安に思う方がいらっしゃることは自然なことのように思います。

このように不安や抵抗感を感じている自宅療養を希望している方や、

そのご家族に納得してもらえるように、

保険の適用ができることや具体的な事例を提示しながら、

根気強く丁寧に説明することは、大変気力がいることだと思います。

訪問看護ステーションおとのいは、

他職種との密な連携が必要となる訪問看護師は

医療ソーシャルワーカーを含む他職種の方が行っている業務内容や、

それに伴う苦労を理解する必要があると考えています。

そうやってお互いの立場や仕事内容を理解し合うことで、

よりスムーズに連携できる良い関係を築くことができ、

ご利用者さまにより良いサービスを提供できるようになると思います。