納得のいくターミナルケアを受けるために、本人とご家族で話しておくこと

余命があとわずかだと知った時、できるだけ苦痛を緩和しながら

最後まで生活の質を保ち、納得のいく終末を迎えるようにしたいと

願う方は多くいらっしゃいます。

このような方のために用意されている選択肢の1つが、

終末期医療であるターミナルケアです。

ただし、ターミナルケアを受けたいと希望されるのであれば、

実際にケアを受ける前にご利用者様とご家族で話し合っておいた方が

良いことがあります。

それは主に、次の2つが挙げられます。

①どこでターミナルケアを受けるか
②延命措置はどうするのか

それぞれの話し合うポイントについて、もう少し詳しくご説明したいと思います。

①どこでターミナルケアを受けるか

どこで最期を迎えるのか決めておくことは、

ご本人だけでなくご家族も含めて納得のいく最期を迎えるために大切なことです。

後悔のない意思決定をするためにもご利用者様ご本人が

意思決定できる状態であれば、

「本人がどこでどのように過ごしたいのか」

といったことや、

「残りの時間を一緒に過ごすご家族が対応できるかどうか」などについて、

よく話し合っていただきたいと思います。

また、利用するサービスの種類や往診にかかる時間なども、

ご利用者様ご本人の希望に沿うように十分考えて決めることが重要となります。

②延命措置はどうするのか

ターミナルケアを受けるうえで決めておくべきこととして、今後の医療方針や、

延命措置を受けるかどうかも決めておくことが挙げられます。

寂しいことではありますが、ターミナルケアが必要となるということは、

ご自身で食事を摂ることが難しくなった場合や、

急変した場合も考える必要があるということです。

そのため、できることならご利用者様ご本人が意思決定できるうちに、

食事が難しくなった時に点滴や経管栄養を行うことや、

容態が急変した時の心肺蘇生措置の有無、

在宅中に緊急事態となった時の搬送などについても、

ご家族とよく相談して決めておくことが大切です。

もしも、ご本人を交えて諸々のことを決めておくことが難しい状況の場合は、

全てご家族が決定することになります。

この時に混乱することがないように、

あらかじめ意思決定の代表者を決めておいた方が良いと考えられます。

どんな場合にせよ訪問看護ステーションおとのいは、

ターミナルケアを受けるご本人とご家族の双方が納得できることが

最も重要だと考えているので、

どんなに些細なことでも話し合っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です