転職前に知っておきたい病院勤務と訪問看護の働き方の違い①

訪問看護の需要が以前より高まってきていることで、

医療施設や福祉施設などに勤めている看護師の中には、

訪問看護師への転職を検討する方も増えてきているようです。

そこで、病院に勤務した方が良いのか、

それとも訪問看護師として働く方が良いのか迷っている方のために、

転職する前に知っておきたい病院勤務と

訪問看護の働き方の違いについてご説明したいと思います。

まず1つ目は、勤務形態や給与の違いです。

これはどんな職業であっても、転職を考えるうえで

最も気になることの1つではないでしょうか?

病院などの施設勤務から訪問看護への転職を検討する理由として比較的多いのが、

給与面や子育てなど人間関係に関係するものだといわれています。

病院には託児所を併設しているところもありますが、

夜勤勤務などが必要なことから、

本当ならこどもと一緒にいてあげたい夜に出勤しなければいけない時もあります。

それに対して訪問看護ステーションは比較的働く時間帯を選ぶことができるため、

日中の仕事のみを行うことも可能になります。

全て望み通りになるとは限りませんが、

できる限り希望を聞いてくれる訪問看護ステーションは多いと考えられます。

また、給与に関しては地域や訪問看護ステーションによって違いはあるものの、

訪問看護ステーションの方が病院などの施設より給与が

少し高い傾向があるといわれています。

ただし、歩合制を導入している訪問看護ステーションも存在しているので、

転職を検討する際にはどのような給与体制を採用しているかなどの

情報収集が重要となります。

また、病院などの施設勤務と訪問看護では、

1日の仕事内容もかなり違いがあります。

病院などの施設では患者様がひっきりなしに訪れることで常に忙しく、

時間に追われている状態になることが多いと思います。

また、同僚や先輩、後輩などからヘルプを頼まれることもあるなどして、

休む暇もないと感じている方も多いのではないでしょうか?

訪問看護も忙しくはありますが個人の器量に左右される部分も多く、

指定された時間内で、自分のペースでご利用者様と

向き合ってケアしている訪問看護師が多くいらっしゃいます。

そのため、訪問看護師として転職した後にある程度の経験を積んだ方の中には、

ご利用者様と1対1で向き合うことができることと、

自分のペースで丁寧にケアができることにやりがいを

感じている方も多くいらっしゃいます。

ただ、1つ注意していただきたいのは、訪問看護には待機時間があることです。

訪問看護は病棟などのように大まかなスケジュールが決まっているわけではなく、

担当しているご利用者様をケアする以外の時間は事務所での書類作成などに

充てられており、その時間は待機時間として扱われることがあります。

訪問看護ステーションによっては待機時間を給料対象外としているところも

あるので、よく確認して、納得できるところで勤めていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です