多様化する働き方から得られる訪問看護のやりがい

訪問看護とは簡単にいうとご自宅に看護師が訪問して在宅ケアを行うことですが、

さらに丁寧に申し上げると、病気や障害を抱えたご利用者様が

、住み慣れた地域やご自宅でその人らしい療養生活を

送れるようにサポートする仕事のことです。

このため、ご自宅での療養生活をサポートする対象はご高齢の方だけでなく、

赤ちゃんから比較的若い年齢の方まで、幅広く訪問看護を提供しています。

訪問看護の仕事内容は多岐にわたり、ご利用者様の病状のチェックや

在宅療養のサポート、ご家族からの相談やターミナルケアなどといったことから、

担当医や理学療法士といった人達との連携など、様々なことを行います。

また、訪問看護の需要が高まるにつれて、求められるサポートが

多岐にわたるようになってくるとともに、

訪問看護師の働き方も多様化してきています。

例えば、病院に勤務していた看護師が訪問看護師になる方や、

しばらく看護の仕事を休んだ後に復帰して、

訪問看護を頑張っている方もいらっしゃいます。

また、近年の訪問看護ステーションの研修内容や体制の整備が功を奏して、

新卒で訪問看護を頑張っている方も増加傾向にあります。

このように働き方が多様化することで、

訪問看護師が自分に合った働き方を選びやすくなってきていることが、

訪問看護のやりがいの1つだと思います。

ご参考までに、訪問看護師として働いている方々の声を紹介していきます。

(新卒で訪問看護師として働いている方の声)

訪問看護の実習を受けた時に魅力的に感じ、

新卒からでも働けると知ったのでチャレンジしました。

訪問看護に必要な研修やサポートも整えられていて、

新卒でもスムーズに働くことができています。

(しばらく看護の仕事を休んだ後、訪問看護師として復帰した方の声)

ブランクがあることに対して不安を感じていましたが、

研修や相談ができる体制が整えられているため、今は安心して働けています。

短時間やライフスタイルに合わせて働けるのも、

主婦にとっては魅力的なポイントです。

(病院勤務から訪問看護師になった方の声)

病院に勤務していた時よりもそれぞれの利用者様に

合わせた看護をすることができ、充実感があります。

また、生活の場での看護であることから、

よりご利用者様に近い立場で仕事ができることにやりがいを感じています。

以上に挙げた声のように、それぞれの立場で各々が

思うやりがいを感じられていることは喜ばしいことだと

訪問看護ステーションおとのいは思います。

また、訪問看護は身に付けなければいけないことが多くありますが、

頑張って身につけた分だけ今後のキャリアに必ずいきてくることも、

やりがいの1つだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です