訪問看護のやりがいを感じることができる「声」

訪問看護で得られるやりがいは自分に合った働き方ができることや、

相談できる体制が整っているなどといった仕事環境だけでなく、

ご利用者様やご家族と距離が近いからこそ得られるやりがいもあります。

訪問看護師のやりがいとして現場の声の紹介がよく見受けられますが、

今回はご利用者様やそのご家族、ケアマネージャーや

関係者の方々の声をご紹介したいと思います。

(ご利用者様の声)

病気を抱えているせいで不安がありますが、

その不安に対して適切なアドバイスや心に寄り添った言葉を暖かく感じており、

家での療養生活を支えてもらえることを心強く感じています。

私は口下手なのですが、訪問看護師さんと世間話や

何気ない会話を交わしていると、心が軽くなって元気が

出てくるので楽しみにしています。

また、不安が生じた時も親切に相談に乗ってもらえることが、

大きな心の支えです。

(ご利用者様のご家族の声)

ご利用者本人だけでなく、家族の私たちの気を

使っていただきありがたく思っています。

看護師さんのおかげで人工呼吸器や医療処置が多くても、

本人は家で安心して過ごすことができており、いつでも相談でき、

適切なアドバイスをしてくれることは、家族としても本当に助かります。

いつも清潔に保ってくれているし、入院する必要もなく、

担当医ともよく連絡を取ってくれるので家族も安心して過ごせています。

(ケアマネージャーの方の声)

疾患を複数抱えていて病状の判断が難しい方に対しても、

適切なアドバイスやサービスについての提案をしていただけるので、

大変助かっています。

また、ご自宅での日々の過ごし方や、観察の際のアドバイスを行ってくれるため、

ご利用者様だけでなく、ご家族も安心してサービスを利用してくれています。

ご利用者様それぞれに合った対応と、

医療的な視点からのアドバイスをしていただき、心強く感じています。

(病院に勤務している看護師の方の声)

患者さんとの信頼関係の築き方が上手で、患者さん本人への対応と、

ご家族の心のケアが素晴らしいと思います。

訪問看護師が間に入ってくれると、病院から在宅医療への移行も

スムーズで助かっています。

訪問看護師がいると、スムーズに退院してもらうとともに、

患者様のご自宅での状態や看護の様子を相談できるのでありがたいです。

いかがでしょうか?
ご利用者様はもちろん、その他の多くの方の

助けとなっているのは嬉しいことですし、

モチベーションの維持やアップにもつながるのではないでしょうか?

訪問看護ステーションおとのいは、

訪問看護はご利用者様と近いからこそ配慮しなければいけないことがある一方で、

距離が近いからこそ得られるやりがいもあると思います。

多様化する働き方から得られる訪問看護のやりがい

訪問看護とは簡単にいうとご自宅に看護師が訪問して在宅ケアを行うことですが、

さらに丁寧に申し上げると、病気や障害を抱えたご利用者様が

、住み慣れた地域やご自宅でその人らしい療養生活を

送れるようにサポートする仕事のことです。

このため、ご自宅での療養生活をサポートする対象はご高齢の方だけでなく、

赤ちゃんから比較的若い年齢の方まで、幅広く訪問看護を提供しています。

訪問看護の仕事内容は多岐にわたり、ご利用者様の病状のチェックや

在宅療養のサポート、ご家族からの相談やターミナルケアなどといったことから、

担当医や理学療法士といった人達との連携など、様々なことを行います。

また、訪問看護の需要が高まるにつれて、求められるサポートが

多岐にわたるようになってくるとともに、

訪問看護師の働き方も多様化してきています。

例えば、病院に勤務していた看護師が訪問看護師になる方や、

しばらく看護の仕事を休んだ後に復帰して、

訪問看護を頑張っている方もいらっしゃいます。

また、近年の訪問看護ステーションの研修内容や体制の整備が功を奏して、

新卒で訪問看護を頑張っている方も増加傾向にあります。

このように働き方が多様化することで、

訪問看護師が自分に合った働き方を選びやすくなってきていることが、

訪問看護のやりがいの1つだと思います。

ご参考までに、訪問看護師として働いている方々の声を紹介していきます。

(新卒で訪問看護師として働いている方の声)

訪問看護の実習を受けた時に魅力的に感じ、

新卒からでも働けると知ったのでチャレンジしました。

訪問看護に必要な研修やサポートも整えられていて、

新卒でもスムーズに働くことができています。

(しばらく看護の仕事を休んだ後、訪問看護師として復帰した方の声)

ブランクがあることに対して不安を感じていましたが、

研修や相談ができる体制が整えられているため、今は安心して働けています。

短時間やライフスタイルに合わせて働けるのも、

主婦にとっては魅力的なポイントです。

(病院勤務から訪問看護師になった方の声)

病院に勤務していた時よりもそれぞれの利用者様に

合わせた看護をすることができ、充実感があります。

また、生活の場での看護であることから、

よりご利用者様に近い立場で仕事ができることにやりがいを感じています。

以上に挙げた声のように、それぞれの立場で各々が

思うやりがいを感じられていることは喜ばしいことだと

訪問看護ステーションおとのいは思います。

また、訪問看護は身に付けなければいけないことが多くありますが、

頑張って身につけた分だけ今後のキャリアに必ずいきてくることも、

やりがいの1つだと考えています。

残された時間を自宅で過ごすターミナルケアとその他のケア

訪問看護にはご自宅での医療ケアをサポートするなど様々な需要がありますが、

その中の1つにターミナルケアがあります。

最近はターミナルケアという言葉を耳にする機会が増えている印象がありますが、

みなさんはこれがどういったケアなのか、ご存知でしょうか?

終末期医療であるターミナルケアは、病気などによって余命が

残り僅かとなった方に行うケアのことです。

病院の一室で人生を終えるよりもより良い終末を迎えることができるように、

苦痛を医療ケアで緩和しながら最後まででできる限り生活の質を保ち、

患者様ご自身の精神的負担を軽くすることを目的としています。

とても寂しいことではありますが、誰でも平等に寿命はいつか訪れるものであり、

必ずお別れの時が来ます。

その時を迎える瞬間は、できるだけ安らかであって欲しいと

誰でも願うことだと思います。

ターミナルケアはその思いを実現するためのサポートをするケアであり、

人生の最後は自宅で安らかに過ごしたいと願うご利用者様を

サポートする訪問看護に求められることの1つなのです。

ターミナルケアとよく似た名前のケアに、看取りケアや緩和ケア、

ホスピスケアがあります。

これらのケアはいずれも死期が近い方のケアをするという意味では

似たようなものでありますが、内容は若干の違いがあります。

(看取りケア)

看取りケアは、在宅や介護施設で最期を迎える方に行うケアであり、

たとえ意識がない状態であったとしても、

人間の尊厳を尊重して最後まで身体介助や声掛けなどを行います。

看取りケアに必要なのは特別な知識やテクニックよりも、

残り僅かな時間をかけがえのない時間として大切に扱い、

最後までその人を思って接することが何よりも重要であるといえます。

(緩和ケア)

緩和ケアは、末期がんなどの末期の病気や、

エイズなどの不治の病を患っている方を対象に行われるもので、

病気による苦痛をできる限り除去することに重きを置いています。

従って、ターミナルケアや看取りケアなどと比べると、

より医療的なアプローチに特化したケアだといえます。

(ホスピスケア)

ホスピスケアは看取りケアのように最後を看取るケアですが、

病気による苦痛を取り除きながら行うので、

緩和ケアに似通っていると考えられます。

ホスピスケアは日本ではあまり馴染みがないとは思いますが、

キリスト教が普及しており、慈善活動も活発なヨーロッパでは

広く認知されているようです。

以上に挙げたように人の最後を看取るケアは様々ですが、

いずれも共通しているのは、ご利用者様自身の尊厳と

残された時間を最後まで大切にするという気持ちです。

訪問看護ステーションおとのいも、

最後までご利用者様に寄り添いたいと思っています。

ターミナルケアは大きく分けて3つのケアを行います

ターミナルケアとは終末期医療のことであり、

病気などによって残り僅かとなった時間をかけがえのないものとして

過ごしていただき、息を引き取る瞬間は

できる限り安らかであって欲しいという願いをサポートするケアです。

このターミナルケアによってどのようなケアを受けることができるのか、

おおまかにではありますがご説明したいと思います。

ターミナルケアをいつ開始するかに特に決まりはありませんが、

手は尽くしたもののこれ以上の回復は見込めない場合や、

治療を続けることは困難だと判断された場合などが、

このケアを始めるきっかけとなると思います。

病気などが要因ではなく、老衰や認知症などのように寝たきりの状態となり、

自分で食事をとるなどといった基本的な生活を送ることが困難となった場合も、

ターミナルケアを始めるきっかけとなることが多い印象があります。

一言でターミナルケアといっても、ケアの内容は

次に挙げるように大きく3つに分けることができます。

①身体の痛みなどを和らげる身体面のケア

末期がんなど、末期状態の病気は強い痛みを伴うことが多いといわれています。

この強い痛みのためにご利用者様は身体を動かすことはおろか、

眠ることもできないケースが多く、精神面にも悪影響を及ぼすため、

投薬などで痛みをできる限り和らげるケアを行います。

また、自分で食事や水分をとることが困難となった場合は、食事の補助や、

チューブを通して食べ物を送り込む処置などを行うこともあります。

その他にも、状況に応じて適切な身体面のケアを行います。

②ご利用者様の不安や恐怖などといった心理的負担を緩和する精神面のケア

余命が残り僅かとなったご利用者様は、不安や恐怖などを強く感じることと、

遺されるご家族に対する心配などによって

精神的に不安定になるケースがあります。

ターミナルケアは、ご利用者様のこのような感情に寄り添い、

安心して日々を過ごせるようにサポートします。

また、精神的なケアは訪問看護師によるサポートだけでなく、

ご家族が常に話しかけたりなどしてご利用者様に孤独感を

抱かせないように配慮していただくだけでも、効果はかなり異なります。

③ターミナルケアにかかる費用などの負担を軽くする社会面のケア

ターミナルケアを行う際に気掛かりなのは、費用の問題だと思います。

費用の問題のせいで、ご利用者様やご家族が納得のいくケアが

できないというのは望ましくないことです。

この問題を解決するために、医療ソーシャルワーカーなどに

サポートしてもらうことがあります。

また、遺産相続や遺品整理などのサポートも社会面のケアに含まれています。

ターミナルケアは、ご利用者様に残された時間を

かけがえのないものにするための非常に重要なケアです。

そのため、在宅のターミナルケアを希望されている方は、

1人もしくは家族内だけで悩まずに、訪問看護ステーションおとのいを

含めた利用しやすい訪問看護ステーションにご相談いただきたいと思います。