心の定年は新しい働き方や生き方を見つけるチャンスでもあります

サラリーマンで40代といえばまだまだ働き盛りの年齢だと思いますが、

40歳以上のサラリーマンの方の中には、

「こころの定年」を迎える方も多くいらっしゃるそうです。

「こころの定年」とは勤め先で評価され、経済的に安定しているにもかかわらず、

組織で働く意味を失うことで満たされない心の状態を抱えていることを指します。

こころの定年になる時の心理状態は人によって様々ですが、

おおむね以下に挙げる3つのタイプに分けることができます。

「自分は誰の役に立っているのか分からない」
「仕事を通して成長している実感がない」
「このまま時間が流れていってもいいのか不安になる」

以上のような状態になることで、メンタル面に不調が出てきたり、

仕事に対する意欲の減退、会社での立場に限界を感じるようになるなど、

様々な悩みを持つようになります。

このような悩みを理由に転身した人々の中には、

今の自分に合った働き方を見つけることができ、

「世の中には様々な働き方があり、自分の個性に合った方法で働けばいいのだ」と

心から納得ができ、一気に元気になった方もいらっしゃいます。

このように、自分の納得がいく働き方が出来ている方は、

年齢などは関係なく「いい顔」をしていらっしゃるように思います。

このことは、訪問看護が必要となった方にも当てはまると思います。

訪問看護を必要とされる方は高齢者だけでなく、

比較的年齢の若い方でも何らかの理由で訪問看護が必要になり、

場合によっては企業に勤めることが難しくなってしまう方もいらっしゃいます。

これまでの生活習慣や働き方ができなくなってしまうことで意気消沈してしまい、

先ほど述べたこころの定年のような状態になってしまう方は珍しくありません。

しかし、こころの定年を迎えたサラリーマンの方々が

新しい働き方や生きがいを見つけることで元気になったことと同様に、

訪問看護が必要となった方も今の自分に合った働き方や生きがいを

見つけることで、社会の一員として輝くことができると思います。

そのためにご利用者様に寄りそうことが訪問看護師の仕事であり、

訪問看護師がご利用者様をサポートしやすいようにバックアップすることが

訪問看護ステーションおとのいの仕事だと考えています。

たとえ今までの働き方を続けることが難しくなってしまったとしても、

訪問看護師が側に立って全力でサポートしていきます。

訪問看護ステーションおとのいも訪問看護に長らく関わってきましたが、

訪問看護というサービスへの期待が色々な意味で

高まっていることを実感させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です