緊急時にサポートしてくれる「#7119」をご存知でしょうか?

自宅療養などで訪問看護を利用されている方やそのご家族は、

ご利用者様が急に具合が悪くなった時は基本的に、

担当医か訪問看護師に連絡していただきたいと思います。

しかし、場合によっては担当医や訪問看護師と連絡が取れなかったり、

救急車を呼んだ方が良いのか迷ってしまうこともあると思います。

これらのような状況の時は1人で悩まずに、

「#7119」に電話して救急相談センターに相談していただきたいと思います。

救急相談センターは病院の時間外や、

深夜や休日でも相談することができるサポートです。

先ほど述べたように、救急車を呼ぶべきかどうか迷う場合や、

今すぐ病院へ行った方が良いのか悩んだ時に利用していただきたいもので、

以下のようなサポート体制をとっています。

(救急相談センターのサポート体制)
①「#7119」に電話することで、相談員や看護師、医師などから電話でアドバイスをもらうことができます。
②病気やけがの症状を伝えることで状況の緊急性や応急処置の方法、適切な医療機関などについて助言をもらうことができます。
③緊急性があると判断した時のために、すぐに救急車を出せる体制が整っています。
④「#7119」は原則、24時間365日体制となっています。

このように、救急相談センターはご利用者様が

安心して利用できるサポート体制を整えています。

次に、救急相談センターに連絡する時の流れもご紹介したいと思います。

(救急相談センターに連絡する時の流れ)
「#7119」に電話をすると音声ガイダンスが流れるので、目的に合った番号を選びます。
「1」は救急医療機関の案内で、オペレーターが症状に応じた診療科や医療機関を案内します。
「2」は救急相談を案内する番号で、相談員が最初に対応した後に必要に応じて看護師が症状を伺い、病院へ行くべきか救急車を呼ぶべきかを案内してくれます。

基本的にはガイダンスの音声が流れますが、

相談員や看護師が直接対応することもあるようです。

また、基本的に「#7119」で救急相談センターと連絡を取ることができますが、

お住まいの都道府県によっては「#7119」以外の番号で

24時間体制の相談窓口を設けているところもあるので、

万が一の場合に備えて、事前に確認しておくことをおすすめします。

この「#7119」サービスは、命に関わるような事態でも真価を発揮します。

万が一の際には救急相談センターに相談できることと、

いざとなった時に慌ててしまわないように使い方を

覚えておいて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です