外国人の採用は人材不足の解消の効果があると期待しています

超高齢社会に向けた環境の整備が必要とされている今、

訪問看護の人材確保が課題の1つとなっています。

この課題を解決する方法として、

外国の方の採用は多くの訪問看護ステーションが考えていることだと思います。

しかし、訪問看護ステーションおとのいでは、外国の方を採用するにあたって、

採用後の具体的な効果や教育方法などをしっかり検討して

整備していかなければいけないと考えています。

まず外国人採用の効果については、

訪問看護ステーションおとのいは人材不足を解消する他に、

日本人スタッフのスキルやモチベーションアップの効果があると見込んでいます。

それは、外国の方は日本語が業務をするには不十分であるケースが

多いことに加えて、介護技術が未熟であるケースも多いため、

日本人スタッフが外国の方を指導する機会が多々あると考えられます。

人を指導するには、自分自身のスキルが指導するのに

見合ったものでなければいけません。

そのため、外国の方を指導することで、

日本人スタッフのスキルも向上することが期待できます。

また、日本での訪問看護にチャレンジする外国の方と一緒に働くことで、

日本人スタッフにとってもいい刺激となり、

モチベーションのアップにつながる可能性があります。

特に、日本で働こうと考えている外国の方は比較的若い年齢の方が多く、

頑張ろうとする気持ちも十分にある方が多いため、

うまくコミュニケーションを取ることができれば、

お互い良い刺激を受け合えると考えています。

また、文化の違う国の人達と働くことで自分達に足りない点や

より良い働き方を発見するなど、

現在の業務内容を見直すことにつながる良いきっかけになると思います。

例えば、外国の方を含めた全てのスタッフが分かりやすいマニュアルを

作成することや、記録業務を簡略化するためのシステムの導入などにより、

外国の方が働きやすい環境を作れるだけでなく

日本人スタッフにとっても働きやすくなり、

全体の業務の効率アップにつなげることが可能です。

さらに、誰が見ても分かりやすいマニュアルの作成や全体業の効率化は、

新卒や中途などの新人の方にとっても働きやすい環境が作れるといえます。

以上のことから、外国の方をスタッフとして受け入れることは

決して簡単なことではありませんが、

前向きに取り組むことで訪問看護の環境をより良いものにしていけると思います。

そのためにも訪問看護ステーションおとのいは、

今後考えられる状況の変化にうまく対応し、

必要に応じて外国の方の受け入れやしっかりとした教育体制の整備などに

積極的に取り組んでいきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です