訪問看護師のキャリアアップとは

超高齢社会とそれに伴う医師や入院ベッドの不足という社会問題に対して、

訪問看護師が有効な解決策になると期待されています。

このような状況の中で、訪問看護師として現場で

頑張っている方はもちろん訪問看護業界に興味を持っている方にとって、

将来どうやって働いていくかというキャリアプランを

考えることは非常に気になることではないでしょうか?

スキルアップや昇給などのために、

資格を取ることを考えている方もいらっしゃると思います。

看護師が取得できる資格は、以下の4つがあります。

・専門看護師
・認定看護師
・認定看護管理者
・特定行為看護師

専門看護師と認定看護師、認定看護管理者は

日本看護協会が認定する民間資格です。

民間資格といっても決してグレードが低いわけではなく、

この3つのいずれかの資格を持っていると、

資格を持っていない看護師よりもグレードが高いと認められます。

特定行為看護師は厚生労働大臣が管轄となり、

現段階では必要な研修や試験も正式に定まっているわけではないので

少し性質が異なりますが、一応資格に分類します。

以上の4つの資格のいずれかを取得すると、確実にスキルアップができ、

業務の裁量範囲が広がるというメリットがあります。

そのため、現場での信頼も積み重ねていれば管理職に昇進する道が開け、

その結果給料も上がる可能性があります。

実際に医療の現場では、看護師への期待もあって

副院長として看護師を据える病院も珍しくありません。

訪問看護師として長期に渡ってケアの現場に関わると共に、

将来のキャリアプランを考えるなら、

資格を取ることはとても有効だと思います。

ただし、メリットだけではなくデメリットもあります。

それは、資格を取るために通常業務をしながら勉強する時間も

確保しなければならず、テキストの購入や夜間学校に通うための

費用がかかるというところです。

訪問看護師の業務そのものが大変労力が必要なものですが

それに加えて勉強もしなければならないとなると、

かなりの気力と労力が必要とされると思います。

また、「当院のレベルでは立派な資格は必要ありません」と

考える施設に勤務していると、どんなにいい資格を

取ったとしても昇進や昇給に期待ができないケースもあります。

これらのデメリットについては、勤務している施設と

よく相談することで解消されることがあります。

訪問看護ステーションおとのいは、

看護師が働きやすい環境が整ってこそご利用者様が

安心してケアを受けられると考えているので、

資格の取得やその際に不便に感じていることがあれば、

遠慮なく相談して欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です