特定行為研修を受けた看護師の役割とは?

看護師が医師の作成した指示書に則って看護活動を行うことを、

特定行為といいます。

特定行為ができれば、在宅看護が今よりもスムーズに、

かつ安全に行えると期待されており、研修制度が設けられています。

特定行為研修は、厚生労働省がしていている

指定研究機関で受けることができます。

この研修を受けるには、3年から5年以上の実務経験が想定されていますが

必須条件ではなく、看護の知識と経験を応用して、

チームの連携が必要となる現場のキーパーソンとして

機能できるものとされています。

そのため、ある程度の実務経験や積極的に動くことができる人であれば、

研修を受ける条件に当てはまるのではないかと思います。

この特定行為研修を受けた場合、

その看護師の役割がどう変わるのか気になるところだと思います。

2015年に開催された看護師特定行為研修指導者講習会によると、

研修を受けた看護師には以下に挙げるような役割を

担ってもらいたいという意見が出されました。

・医師やケアマネージャーなどといった多職種連携の調整
・ご利用者様の重症化予防
・ご利用者様の容態が急変した時のタイムリーな対応
・ご利用者様やそのご家族のサポート役として、病院と在宅をつなぐ

これらの意見をみると難しいことのように感じるかもしれませんが、

ミニドクターとなることを求められているのではなく、

看護の専門性と能力を高めた実践者として現場で

頑張って欲しいという意味合いが強いといえます。

また、日本は超高齢社会に向けて訪問看護の体制の整備や

人員の確保などを進めています。

その中で、訪問看護師の役割は拡大していくと考えられますし、

新卒の訪問看護師の増加や、経験を積んだ訪問看護師の

キャリアアッププランはどうするかなど、

訪問看護を取り巻く環境はどんどん変化していくと考えられます。

訪問看護ステーションおとのいは、訪問看護の環境を

整備して働きやすくすることは当然のことと考えており、

それに加えて訪問看護師のキャリアアップや

将来どうやって働きたいかを考えていくことも、

非常に重要なことだと考えています。

それは、将来のキャリアッププランを考えることができるからこそ、

訪問看護師は前向きに頑張ることができ、

長期間に渡って働くことができると思っているからです。

そのため、特定行為研修を受けた訪問看護師は

これから訪問看護業界に入ってくる人達の指導をする他に、

「あの人のようになりたい」と思ってもらえる手本となれるように

頑張ってもらいたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です