2025年問題解決の鍵は訪問看護だといわれています

2025年問題とは、団塊の世代の全員が2025年に

75歳以上になることで75歳以上の人口が急激に増え、

超高齢社会に突入することを指します。

そして、それに伴って膨れ上がる社会保障費の財源の確保や、

医療や看護の現場の人手不足をどうやって解決するかが課題となっています。

この課題の1つである医療や看護の現場の人手不足の解決方法として、

病院で医療を完結するスタイルから、在宅医療への転向が考えられています。

しかし、ただ在宅医療に切り替えただけでは十分とはいえません。

なぜかというと、「院内で過ごすよりも、家族と最後まで一緒にいられて幸せだ」

という方がいらっしゃる一方で、

「在宅医療では十分な手当てが受けられず、つらい思いをしている」

という方もいらっしゃるからです。

以上のような問題に対して、担当医師と在宅での療養を

スムーズに連携させる架け橋となりうる訪問看護が、

問題解決の鍵として注目されています。

実際に厚生労働省の意見交換会では、

訪問看護をテーマとして議論が交わされたようです。

訪問看護が2025年問題解決の鍵を握っているとはいえ、

それぞれの訪問看護ステーションで規模や体制などが異なる状態では、

問題に十分対応できるとはいえません。

そのため、看護の他に福祉や介護も含む、

総合的な在宅支援を後押しする総合在宅ケアセンターのようなものを設置し、

訪問看護ステーションが今以上にご利用者様や

ご家族の支援をしやすくしてはどうかという意見が出されました。

また、365日24時間の訪問看護対応ができるように、

訪問看護ステーションの規模をできるだけ大きくしては

どうかという意見なども出たようです。

そして、医療や看護の他に、在宅で最後を迎える看取りの問題についても

議論されました。

なぜ看取りが問題かというと、

超高齢社会では亡くなる人が今まで以上に急増すると考えられているからです。

現在は高齢の方の8割ほどが病院で亡くなられているようですが、

2025年以降は病院のベッドが足りなくなることが予想できるため、

自宅や介護施設などでの看取りの体制を整えることが重要とされています。

訪問看護ステーションおとのいとしても、

看護活動などが十分に行き渡らないせいで気付かないうちに亡くなっていたなど、

寂しい最後を迎えることはできるだけ避けられるようにしたいと考えています。

いずれにせよ、超高齢社会に対応した在宅医療を進めるには、

医師や訪問看護師の人手がまだまだ不足しています。

そのため、医療業界はもちろん、

訪問看護業界もこれからますます変化と改善を求められてくると推測できますし、

それに応えられるように頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です