2025年問題解決に向けた訪問看護の指針

日本の人口において5人に1人が75歳以上、

3人に1人が65歳以上という超高齢社会に突入するといわれている

2025年問題に向けて、在宅医療を充実させる鍵とされている訪問看護師の

人員確保が重要視されています。

また、訪問看護師の人手不足を解消するとともに、

地域ごとに訪問看護ステーションの数にばらつきがあることや、

看護の度合いも軽度から重度まであり、

看護内容も多様化すると共に複雑化してきていることに

対応することも求められています。

その中でも特に重要視されているのは、日本全国のどこででも、

質の高い訪問看護サービスが365日24時間いつでも

届けられる仕組みを作ることです。

そのために2025年に備えて訪問看護業界が目指す方向の1つとして、

多機能化と大規模化が掲げられています。

また、今までのように病院などの施設に頼り切るのではなく

地域レベルで在宅医療を支えられるように、訪問看護や定期巡回だけでなく、

日帰りサービスや宿泊サービスなどといったサービスの充実も

含めて看護サービス業界が発展していくことが必要とされています。

このように、看護業界は人手の確保と共に求められることも非常に多いため、

公益社団法人日本看護協会と公益財団法人日本訪問看護財団と

一般社団法人全国訪問看護事業協会の3つの組織が協力して、

「訪問看護アクションプラン2025」という、

2025年問題解決に向けた訪問看護の行動指針を発表しました。

「訪問看護アクションプラン2025」には訪問看護の事業者や事業所、

その職員達が取り組むべき内容をまとめており、

今後の医療や社会の動向に沿って具体的に内をすべきなのかを

示している重要な指針です。

実践するべきアクションとして、

大きく分けて以下の4つの項目が挙げられています。

①訪問看護の量的拡大
住み慣れた地域と自宅で安心して健やかな日常生活を送れるように、日本全国のどこでも必要な訪問看護をいつでも利用できる体制を整えることを目指す。

②訪問看護の機能拡大
訪問看護提供の場を自宅だけでなく、介護施設などの生活の場にも拡大すると共に、様々な理由により看護の必要性が高いご利用者様への対応や、ご利用者様とご家族の相談対応など、訪問看護の機能の拡大を目指す。

③訪問看護の質向上
健康維持や回復を目指すとともに、健やかな生活や穏やかな人生の最終段階を支える視点を持つ訪問看護師の育成を強化することを目指す。
またそれとともに、医師や理学療法士など多職種の方と協力し、チームの一員として役割を発揮できる力も強化する。

④地域包括ケアへの対応
地域の住民や行政、他事業所や多職種などと協力して、それぞれの地域に適した地域包括ケアシステムの構築に取り組む。

以上の4つの項目を実現するために、

訪問看護業界は今後ますます変化を求められると思います。

既に訪問看護師として働いている方はもちろん、

これから訪問看護師を目指す方も、

訪問看護業界はニーズに合わせて変化していく

業界だということを心に留めておいて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です