訪問看護を含むシニアビジネスが成長産業として注目される時代

国連が日本や中国など一部の国だけでなく、

世界的に高齢化が進んでいるという声明を出したことで

世界中が高齢化問題についての意識を高めており、

他国よりも高齢化が進んでいる日本に世界中が注目し始めています。

それは、世界的な高齢化は人類史上初の出来事であり、前人未到であるからです。

今後、多くの国が年金や医療補助などといった高齢者福祉制度を

整えていく必要があります。

そのためにはいくつか課題があり、高齢化に対応するための制度の構築や整備、

実行に移すには膨大な資金が必要となり、

発展途上国にとっては特に大きな負担となるなど、

解決する必要がある問題が多く浮上してきています。

こういった状況の中で、世界に先駆けて超高齢化社会に

突入しようとしている日本が、

年金や医療補助といった諸々の課題をどうやって解決していくのか、

世界中が動向を見守っている状態ともいえます。

その流れを受けて日本のシニアビジネスは拡大し、

海外進出の動きが出始めるなどといった変化が起きています。

実際に、日本政府はカンボジア国内に、

現地のカンボジア人看護師を対象とした訓練センターを

新しくオープンさせると発表しています。

また、高齢化の波が押し寄せている国の1つであるミャンマーでは

介護サービスの需要が高まっているため、

日本の介護企業が同国での介護市場獲得をしようと海外進出した事例があります。

さらに中国でも、住居型介護サービス事業が

北京市内で始まるなどの変化が起こっているようです。

この変化の波は、いずれ訪問看護業界に訪れるかもしれないと

考えることは当然のことですし、

実際に海外に進出していくのは時間の問題かもしれません。

今は日本を含め世界のグローバル化が進んでいるため、

これから社会に出る新卒の方や、

すでにいくらか社会経験を積んでいる方の中には、

海外で働くことを視野に入れている方もいらっしゃると思います。

海外で働くとなるとまず外資系企業を想像されるかもしれませんが、

海外進出をしようという日本企業は今後も増加し、

そのジャンルもさらに多岐に渡ると考えられます。

従って、世界で活躍したいと考えている方はその方法の1つとして、

訪問看護にも可能性があることを覚えておいて欲しいと思います。

また、このことはすでに訪問看護師として

活躍している方にも当てはまることです。

今後増える可能性のある外国人の訪問看護師の指導をしたり、

講師として海外へ行く機会があるなど、

活躍の場が国内外を問わず増える可能性は十分にあります。

そのため、訪問看護は将来の可能性がまだまだある仕事だという自覚を持って、

ご利用者様の看護活動に励んで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です