世界的な高齢化への流れで、日本が果たせる役割は大きい

社会の高齢化は主に日本の問題として注目されていましたが、

中国やアジア諸国の他に、ヨーロッパなど様々な国でも高齢化が進んでいるため、

今や社会の高齢化が世界的な問題となりつつあります。

2020年には日本、イタリア、ドイツの3ヶ国が超高齢化社会に

突入すると考えられており、アジア諸国など開発途上とされている国々も、

将来的には高齢化社会になっていくとみられています。

その中でも日本はすでに超高齢社会ランキングの世界第1位となっており、

今後もトップをキープし続けると予想されています。

このような世界的な高齢化がなぜ注目されてきているかというと、

医療や介護の環境、年金制度などがこのままでは破綻する恐れがあり、

時代の流れに対応できるように整備しなければならない課題が

いくつもあるからです。

しかし、このような課題がありながら、

各国はまだ十分に対応できていないどころか、

高齢化という問題自体が初めてのものであるため、

訪問看護などのノウハウが蓄積されていない国も多いようです。

このような状況を打開する鍵を握っているのが、日本ではないかと考えられます。

なぜなら、先ほども述べたように日本は超高齢社会ランキングの

世界第1位をキープしていることから、

世界的なトレンドである高齢化の最先端を走っているということになるからです。

日本はいまだに年金問題など様々な課題を抱えてはいますが、

それでもこれから高齢化を迎える国よりは、クリアしてきた課題は多く、

その分ノウハウも多く蓄積されているはずです。

訪問看護も需要が高まってきた当初はゼロからのスタートだったので、

ご利用者様一人ひとりに合わせた看護活動を手探りで続けてきました。

ご利用者様に寄りそう看護ができるように、

人員の増加や看護師が働く環境の改善などを継続して行い、

ノウハウを蓄積してきました。

この蓄積してきた訪問看護のノウハウが、

世界各国の人達に必要とされる日が来る可能性を感じています。

これからの世の中は、グローバル化がますます進んでいくと予測されています。

その流れを受けて、訪問看護業界もグローバル化していくのは

自然なことかもしれません。

そのため、訪問看護の経験をいくらか積んだ方であれば、

日本に研修に来た外国の方に訪問看護のノウハウを

教えることになる可能性は十分ありますし、

もしかしたら講師として海外に行く機会もあるかもしれません。

以上のことから、すでに訪問看護師として頑張っている方はもちろん、

これから看護業界に入る予定の方も、

世界的に訪問看護のニーズが高まってくる可能性があることを心に留めて、

向上心を持って看護活動に励んで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です