訪問看護師に求められることの「難しさ」と「やりがい」

訪問看護師の需要が高まってきている理由として、

高齢者人口の増加があるのはほとんどの方が想像できることだと思います。

しかし、訪問看護師の需要の高まりが、

高齢者人口によるものだけではない可能性があることをご存知でしょうか?

医療技術の進歩により、体の負担を軽減するために輸血は避けて、

できるだけ出血しないように手術を行ったり、

早期回復を促すために術後の早い時期から歩くことを進めるなど、

以前に比べて入院患者への対応が変わってきています。

その変化の1 つとして在院日数が短縮されている傾向があり、

医療依存度が比較的高い患者さんでも容態が

安定すると在宅医療に移行するケースもあります。

以上のことも、ご利用者様やそのご家族に寄りそうサービスである訪問看護が

求められる場が増えてきている要因になっていると推測できます。

そのため、ご利用者様の医療依存度の高さに差はあるものの、

訪問看護師には経過観察や看護措置だけでなく、

ご利用者様の担当医との連携やリハビリなどのサポートも求められます。

さらに、医療依存度が比較的高いご利用者様の場合は

急に容態が替わる可能性があるため、

より注意深く経過観察を行い、ご利用者様のほんの少しの

変化にもいち早く気付くことが重要になります。

従って、訪問看護師はご利用者様一人ひとりに合わせて

適切な看護措置をとることができるように、

豊富な知識や経験の他に、ご利用者様の主治医など多様な人との連携が

スムーズにとることができる管理能力も必要になります。

このように求められることが多いうえに、看護設備が医療機関に比べて

充実しているわけではないご利用者様のご自宅が職場であることも、

訪問看護の難しさといえます。

それゆえに大変なことは多いとは思いますが、

訪問看護だからこそできることもたくさんあります。

ご利用者様一人ひとりの気持ちに寄りそうことと、ご家族の協力も得ることで、

よりご利用者様が望む環境で看護活動を行うことができます。

そして、ご家族のメンタルケアなどサポートを行っていくことを通して、

より信頼関係を強めていくことができます。

看護を必要としている方やそのご家族に寄りそって、

心の支えにもなるということは、

医療機関勤務では得られないやりがいだと思います。

さらに、若い方であれば訪問看護を通して得られる知識や経験を、

今後さらに需要が高まると考えられる看護業界での

キャリアアップにいかしていくもできます。

訪問看護ステーションおとのいは、求められるものが多い訪問看護師が、

よりやりがいを感じながら充実した環境で活動していけるように、

これからも働きやすい体制を整えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です