訪問看護で大切なのは、人間対人間の関係であることを忘れないことだと思います

10 年ほど前までは、看護は女性の仕事という意識が

比較的強くあったと思いますが、

それも少しずつ変化してきており、男性看護師の数が徐々に増えてきています。

男性看護師が増えてきている背景には、

看護には力が必要な仕事があるという他に、

ご利用者様の中にはそれぞれの理由で男性の方が

気を張らずにケアしてもらえるという方がおり、

こういったニーズに応えるために看護師の性別差を

なくしていくことに力を入れているという側面があります。

訪問看護ステーションおとのいとしては、

ご利用者様のニーズに応えるために看護師の数の性別差を少なくしていくなど、

体制を整えていくことも大切なことだと考えていますが、

最も重要なのは、看護師の性別に関係なく、

ご利用者様の「日常」を尊重することだと考えています。

訪問看護師の職場はご利用者様のご自宅であるため、

ご利用者様の気持ちや生活習慣などを尊重しなければいけません。

そのため、同性だからそこまで気を遣わずに看護しても

大丈夫ということにはなりません。

例えば、座薬を入れる時に同性だから大丈夫だろうと

特に配慮せずに投薬してしまい、

その時はご利用者様は何も言わなかったものの、

打ち解けてから「本当は、あの時はすごく嫌だった」と、

傷ついたことを後から打ち明けられて気付かされたというケースもあります。

訪問看護は、ご利用者様の「日常」という本来なら

入り込むことができない領域に踏み込んでいく仕事です。

自分のプライベートなどを全て打ち明けるわけではない訪問看護師に、

ご利用者様は自分自身をさらけ出す必要がある心理的なストレスが

あることをよく配慮しなければいけないと思います。

男性看護師を増やしていきたいというのはご利用者様の

選択の余地を残すためであり、

ご利用者様の気持ちに十分配慮して寄りそうというのは、

看護師の性別関係なく常に大切にしてほしいと思います。

ご利用者様の日常を尊重するというのは、

言葉では難しそうに聞こえるかもしれませんが、

あまり構えて対応する必要はありません。

ご利用者様が「1 日1 回は散歩に行きたい」や、

「最低1時間は趣味に打ち込む時間が欲しい」など、

日常生活へのこだわりや習慣があれば、それを尊重して一緒に近所を散歩したり、

庭仕事や何か趣味を楽しんでいる時は見守るなど、

ご利用者様の「やりたい」という気持ちに寄りそうということです。

訪問看護師とご利用者様は看護する側と看護される側という

特殊な関係ではありますが、

それ以前に、人間対人間の関係であることを忘れずに

接することが何よりも大切なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です