これから訪問看護師になる方のために、体制をさらに充実させたい

日本は世界的にみて社会の高齢化が特に進んでおり、

それに伴って高齢者の人口は年々増加しています。

このような現状にもかかわらず、

今でも高齢者人口に対して訪問看護師の数は十分ではない状態ですが、

高齢者人口が今後ますます増えていくことは確実です。

そのため、訪問看護師の数を増やすと共に

訪問看護ステーションの体制も整えていくといった、

量的・質的な充実を図ることがかなり重要な課題となっています。

この課題を解決するために、訪問看護業界ではある程度病院で

看護師の経験を積んだ人だけではなく、

新卒者を受け入れて教育し、戦力として育てていこうという動きが

高まってきています。

そもそも、訪問看護と病院看護は業務内容に違いがあります。

病院看護は主治医の指示に従って十分に設備が整った環境で看護を行い、

必要に応じて同僚と連携をとるなどといった業務内容です。

しかし、訪問看護は基本的に一人でご利用者様のもとへ訪問し、

必要最低限の準備でケアをする必要があります。

そのため困ったことや分からないことがあっても、

医療機関のようにすぐそばいる同僚に相談するといったことはできませんし、

看護のために必要なことは自分自身で判断しなければいけません。

こういったことから、日頃からご利用者様の様子をよく観察することと、

現場で適切に対応できる豊富な知識と経験を持っていること、

そしてご利用者様の主治医や医療ソーシャルワーカーなど

様々な人との幅広い連携も求められます。

以上のように、訪問看護と病院看護では働く環境や、

求められる知識と経験に違いがあるのです。

さらに、訪問看護には求められるものが多いため、

新卒のうちから訪問看護に必要とされることはできる限り

教えていこうという姿勢に転向することが、

今後ますます需要が高まっていくと予想される訪問看護にとって

重要なことだと考えられます。

とはいえ、学校のように知識だけ教えて「さぁ、いってらっしゃい」

だけでは訪問看護師は務まりませんし、

新卒者の心身に大きな負担が掛かってしまうと推測できます。

それに、新卒者の負担が大きい体制はご利用者様のケアにも

影響が及ぶ可能性があります。

そのため、ご利用者様が安心してケアを受けられるように

先輩看護師が同行して指導するなど、

新卒者が独り立ちできるようになるまでスキルアップの後押しを

するところも増えてきています。

訪問看護ステーションおとのいは、看護師として経験豊富な方を

受け入れるだけでなく、新卒者も受け入れようという流れには大いに賛成です。

そして、それに加えて「未経験だし新卒でもないけど、

訪問看護師として頑張っていきたい」

という方も受け入れられるようにしていきたいと思います。

さらに、たとえ医療機関で看護師として働いてきたとしても、

訪問看護とはまったく環境が違うために、

慣れないうちは戸惑ってしまうこともあると思います。

こういったことから訪問看護ステーションおとのいは、

新卒だけでなく経験が浅い方も最初は先輩看護師が

同行して指導するなどのサポートを行える体制を

整えていく必要があると感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です