変わっていくことを受け入れるということ

女優の原田知世さんをご存知の方は多いと思います。

彼女が主演を務めている「セーラー服と機関銃」や、

「時をかける少女」などは非常に有名ですね。

原田さんは14 歳でデビューしてからは女優や歌手として活躍し続け、

「若い頃から変わらない」とよく言われているようですが、

本人は自分自身の変化を認識していて、何かをすごく守っていくとか、

頑張って変わらないでいようとは思っていないそうです。

学生の頃から女優や歌手として華やかな道を辿ってきた方ですが、

そんな彼女も人生の節目節目で転換期を迎えてきたようです。

例えば、20 代半ば頃に女優としての自分と等身大の自分の

バランスが取りづらくなってきて、

ちょうどその時に出会った人達と思い切って新しい音楽をゼロから始めてみたり、

今までの自分を知っているファンが誰もいないスウェーデンに渡欧したり、

様々なチャレンジをしてきたそうです。

そうやってチャレンジし続けて50 代になった頃、

楽しみながらやっていけばいいと思えるようになって、

ふと肩から力が抜けたとお話しされていました。

歌に関しては、「10 代の頃の声はひょろひょろとして

あまり好きじゃなかったけど、

50 代になった今ではそれはそれでよかったと思える、

ただ、低音を出すことができる今のふっくらとした声が好き」とも語っています。

そのように言えるのは、年々変わっていく自分をきちんと受け入れて、

その時にできることをやってきたからだと思います。

どんなに有名な俳優でも、周りの環境だけでなく、

健康面などもどんどん変わっていくものです。

従って、「昔はできていたことが今は難しい」など、

変わってしまったことを気にしすぎてしまう必要はないと思います。

そうはいっても、昔はできていたことを意識してしまうのは

ごく自然なことでもあります。

それに、変化を受け入れることは強要されてするものではありませんし、

受け入れるとしてもタイミングやスピードには個人差があります。

変化を楽しむとなったらなおさらです。

ただ、原田知世さんが語っているように、

以前までできていたことを今も守ろうとしたり、

変わらないでいようとする必要はないのではないでしょうか。

今が楽しいと無理にポジティブに考える必要もなくて、

「今の生活もそれなりに良いと思えるし、自分のことも割と好き」と

考えられれば十分だと思います。

そこからさらにやってみたいことが見つかれば嬉しいことですし、

ぜひお手伝いさせて頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です