実は訪問看護は若い方も利用できます

訪問看護というと、どういった方が利用対象になると思われるでしょうか?

ほとんどの方が、ご年配の方がよく利用するものだというイメージを

持っているかもしれません。

実は、訪問看護は主治医の診断によって必要だと判断されれば、

赤ちゃんからお年寄りまで、性別や国籍などは関係なく、

幅広く利用していただくことができます。

そこで、訪問看護が適用できる人について簡単にご説明したいと思います。

まず1 つ目は、介護保険の被保険者で、

市町村によって要介護・要支援者と認定された人です。

訪問看護に必要な費用は、原則介護保険から給付されます。

2 つ目は、後期高齢者医療の対象者で、

病気やけがなどが原因で自宅療養が必要な状態の人です。

後期高齢者医療の対象者とは、75 歳以上の人や、65 歳以上で

寝たきりなどの状態にあると認定を受けた人のことです。

訪問看護に必要な費用は、

後期高齢者医療から給付されることになります。

3 つ目は、上記以外で疾病やけがなどによって、

自宅で継続して療養が必要な状態にある人です。

主な対象者としては、例えば40 歳未満の難病患者や、重度障害、精神障害、

末期の悪性腫瘍患者などが挙げられます。

この場合訪問看護に必要な費用は、医療保険からの給付となります。

若い方で訪問看護を受けられる方としては、3 つ目の状態が該当します。

このように、若い方でも必要であれば訪問看護が受けられるように、

制度が整えられています。

年齢が若いと、自分のことは自分でやらないといけないと思って、

本当は体がきつくても無理に頑張ってしまったり、

そのせいで心理的にもストレスが溜まってしまう方がいます。

また、ご家族も自分達が支えなければいけないと気負ってしまう場合があります。

自宅での療養であっても、療養中の方がどのような様態か判断し、

対応するには専門の知識が必要になりますし、

何か緊急で病院に連絡しなければいけないことが発生した場合は、

ご家族が対応することになります。

このように自宅療養の場合は、ご家族に求められる対応が

多岐にわたる傾向があります。

ご利用者様の年齢がたとえ若くても、ご利用者様自身はもちろん、

ご家族の体や心の負担を減らす意味でも、

年齢かかわらず訪問看護を利用して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です