訪問リハビリサービスにありがちな誤解

訪問看護ステーションおとのいでは、

訪問看護サービスと訪問リハビリサービスを提供しています。

訪問看護についてはサービス内容の想像がつくという方も多いと思うのですが、

訪問リハビリとなると「どんなサービスなのか」という内容についてのものから、

リハビリそのものへの誤解などを感じることも少なくありません。

まずは、リハビリというサービスの定義について。

リハビリとはリハビリテーションの略で、

機能回復を目的とした訓練やその支援のことをいいます。

よく大けがをした人が治療後に身体機能を回復させるためにリハビリを

受けるといったことを見聞きしますが、これは広い意味でのリハビリの一部です。

人は年齢を重ねると身体のさまざまな部位が思うように動かせなくなります。

そのことによって寝たきりになってしまったりする方も多く、

リハビリがうまくいけばその人は歩くことができて、

自分のことを自分でまだまだできていたかも知れないと思うと、

リハビリサービスの重要性を常々感じます。

リハビリサービスには、通所と訪問があります。

通所とは言うまでもなく医療機関やリハビリ施設などに通ってリハビリを

受けることで、訪問とはご自宅まで理学療法士や作業療法士が

お伺いをしてリハビリサービスを受けていただくことです。

訪問看護ステーションおとのいがご提供しているのは、

この後者の訪問リハビリサービスです。

通所でのリハビリサービスを受けられない状態の方にとっては、

ご自宅でそれと同等のサービスを受けられるのですから、これまで自宅で

リハビリを受けられなかったばかりに機能がどんどん衰えてしまい、

寝たきりになってしまった方にも、

リハビリによってQOLを改善できる可能性が広がります。

面白いもので、人は自分の体を自由に動かせるようになると、

心まで前向きになります。人は心を持った生き物であり、

身体機能と心がリンクしていることを強く実感します。

少しでも自分で体を動かせるようにして、生きる喜びを実感していただくこと、

これが私たちの考える訪問リハビリサービスです。

診療報酬、介護報酬制度の方向性

診療報酬や介護報酬の制度は常に時代とともに変化をしています。

国が医療や福祉をどんな方向に持って行きたいと考えているのかを

写す鏡のようなものなので、

私たち訪問看護に関わる事業者としても常に高い関心を持っています。

ここ最近の大きな流れは、医療機能の分化や地域医療や

地域での包括ケアの推進です。

簡単に言ってしまうと大病院など一部の医療機関に

すべての医療機能を集中させるのではなく、

医療を必要とする人の程度によって分業を進めていくという考え方です。

もちろんこうした考え方の中には、訪問看護が果たす役割も含まれています。

病院に入院して受ける医療だけでなく、自宅で医療や介護を受ける方々のために

訪問看護の役割がより大きくなっていくでしょう。

平成30年度の診療報酬、介護報酬改定では明確に

「医療と介護の連携推進」が謳われています。

これまで見えない壁のようなものを感じることが多かった医療と

介護の垣根を低くして、病院など医療機関とケアマネージャーがもっと

連携をして包括的なケアを提供していくべきという考え方には、私も共感します。

利用者の皆さんにとってはドクターもケアマネージャーも、

そして訪問看護師も同じように1人の利用者様のケアをする人たちであり、

権限や立場の違いなど「どうでもいいこと」だとお感じでしょう。

情報が共有されていないばかりに同じことを何度も聞いたりというのは、

利用者様にとって不利益でしかありません。

居宅医療の中には訪問診療、訪問リハビリ、

歯科訪問診療などと並んで訪問看護サービスがあります。

それぞれ担う役割は違いますし、それぞれの専門家が持っている権限も違います。

しかし、1人の利用者様に向き合うという点では共通しているわけで、

横の連携がもっと推進されるべきであると国は考えているわけです。

地域のことは地域で、という考え方がより顕著になってくることにより、

訪問看護ステーションはその中核的な役割を

期待されるようになっていくことでしょう。

自然災害と訪問看護

東日本大震災の記憶がまだ鮮明に残っているというのに、

依然として自然災害が立て続けに起きています。

洪水や地震、そして最近では猛暑という「暑さ」が

もはや災害レベルであるとまで言われており、

つくづく日本は自然の厳しい国だということを実感させられます。

このように災害が多発している現状を見ると、

やはり気になるのが訪問看護との関わりです。

訪問看護サービスを利用される方々というのは、

当然ながら居宅でのケアを必要としているだけあって

自由に歩き回ったりすることができない方も多くおられます。

そんな方が自宅にいながらにして地震や

洪水などの自然災害に見舞われたら・・・と考えるだけでもゾッとします。

事実、2018年7月に起きた大阪北部の地震では

高槻市など住宅密集地を直撃しました。

その中には相当数の訪問看護ステーションがあり、

訪問看護サービスを受けている方々がお住まいのことと思います。

訪問看護スタッフは看護サービスを提供するだけでなく、

利用者様の安全を守るという役割も担っています。

訪問時に災害が発生したら、まず最優先するべきことはスタッフおよび利用者様

そしてそのご家族の安全確保です。

避難指示が出ているのであれば、

避難施設まで安全に移動することをサポートします。

この時に訪問看護スタッフは、災害の状況を把握するという役割も担います。

大規模災害にもなると情報が伝わりにくくなるため、

自宅の外で何が起きているのかが分からず、

どう行動して良いのか判断に困ったという話をよく聞きます。

情報収集や、平時から「いざとなったらどう行動するか」という

パターンを決めておくことも重要になるでしょう。

備えあれば憂いなしといいますが、

それは訪問看護の業務にも大いに当てはまります。

訪問看護ステーションには、いざとなった時に

どう行動するかというマニュアルがあります。

しかし、利用者様のご自宅にそのようなマニュアルや取り決めが

あるとは限りません。

全国各地で自然災害が起きているこの昨今、

これを他山の石として「いざとなった時にどうするか」を

考える契機になればと思います。

ケアの現場での言葉づかいについて

訪問看護は、人が相手の仕事です。

利用者様やそのご家族とお話をする機会も当然ながら多くなります。

そんな時に心を配りたいのが、言葉づかいです。

私はかねがね、医療や介護の現場で使われる「タメグチ」に違和感を持っていす。

医療や介護の現場では、

あちこちで「〇〇さん、今日はどう?」「〇〇しておこうか?」といったように

タメグチで話しかけるスタッフをよく見かけますが、

どう考えても自分の親の世代もしくはそれ以上の人に

向かって使う言葉づかいではありません。

もし自分が逆に若い人から医療や介護のサービスを受けるようになった時に、

こんな言葉づかいで接してきたとしたら、

あまり良い気分にはならないでしょう。

・・・ということは、現在そのようなサービスを受けている方々も

同じように思われている可能性が高いということです。

公式には「利用者様」と呼んでお客様扱いをしているのに、

ケアの現場ではタメグチというのでは、

訪問看護がサービス業であるという言葉もどこか空虚に感じてしまいます。

言葉には、言霊といって魂が宿ると言われています。

何気なく言った言葉が相手にどう伝わるかはその人次第ですし、

伝わったあとでずっと残り続けるかも知れません。

それだけ言葉の使い方というのは気をつかうべきであり、

1つ1つの言葉に責任を持つべきだと思うのです。

何もへりくだって卑屈になるような接し方をする必要は、ありません。

私たちが普段何気なく受けているサービスで、

かけられている言葉づかいで十分です。

コンビニの店員がいきなりタメグチで接してくることなんて、ありませんよね。

ごく当たり前の敬語で接してくれているからこそ、

私たちは気持ちよくコンビニで買い物ができるのです。

訪問看護も、それと全く同じです。

逆に心のこもった言葉で利用者様に接することができれば、

その言霊が利用者様の心に残り続けて、その方の支えになるかも知れません。

言葉でそれができるのであれば安いものだと考えて、

プロとしての言葉づかいを心がけたいと思います。