よくある質問:ターミナルケアのサービス内容について

訪問看護の現場に対して寄せられるご質問の中で、

よく見られるのがターミナルケアに関するものです。

ターミナルケアとは終末期の看護、

つまり人生の最期が近づいている利用者様に対してご自宅で少しでも安心、

快適に過ごしていただいて安らかな時間を

過ごしていただくことを支援するためのものです。

ターミナルというのは終末、最期という意味のことなので、

終末期のケアをターミナルケアと呼びます。

同様のサービスは、医療機関でも行われています。

末期がんの患者さんに対して苦痛の緩和を行い、

安らかに最期を迎えられるようにするホスピスという医療がありますが、

これに似た概念のものだとお考えいただければ良いかと思います。

もっとも、訪問看護のターミナルケアはがんの患者さんだけが対象ではなく、

もっと守備範囲の広いサービスであるという違いはあります。

主なサービス内容としては「疼痛、苦痛などの緩和」

「食事や排せつ、睡眠など療養生活の支援」といったように、

日々を送られるにあたって少しでも安心、快適に過ごせるような支援を行います。

特に苦痛を緩和することは重要なので、訪問看護師が医療的な

アプローチによって苦痛を緩和するための適切な処置を行います。

2 つ目の療養生活支援については介護的な要素も含まれるもので、

看護師が病院で行っているサービスと似ています。

ターミナルケアには、その他にもさまざまなサービスが含まれています。

「看取り体制の構築」というのは、いよいよ利用者様ご本人が

最期を迎えられるにあたっての準備や調整といったリアルなもので、

その中にはご本人やご家族への精神的なケアも含まれます。

やはり人の命が最期を迎えるのですから心中穏やかでいられるはずはなく、

それをいかに安らかな環境に整備していくかも訪問看護の役割です。

そして、利用者様ご本人がお亡くなりになった後には、

グリーフケアといって精神的な寄り添いケアも必要に応じて行われます。

このようにターミナルケアは人が最期の時間を過ごし、

迎えるにあたってその尊厳を守り、

身体的・精神的に包括的な支援を行うために設けられたサービスなのです。

自費vs保険、受けられるサービスや満足度の差は?

訪問看護は公的保険が適用されるサービスなので、

介護保険や医療保険を利用して自己負担額を少なくすることが可能です。

しかし、実際に利用されている方々の利用事情を見ると

必ずしも保険を利用しているばかりとは限らず、

自費でサービスを利用しているという方も少なくありません。

これはいったいなぜでしょうか?

そもそも自費と保険適用のサービスにはどんな違いがあるのでしょうか?

まず、利用するための条件として保険の適用を受けるには

医師によって訪問看護が必要であると判断されていることや、

要介護・要支援の認定を受けていることなどが必要となります。

これに対して自費で訪問看護サービスを受けられる場合には特段の制限がなく、

利用者ご本人やご家族が「必要だ」と判断されたのであれば、

いつでも利用可能です。

その他に大きな違いがあるのは、その利用回数や頻度、一度あたりの時間です。

介護保険を利用して訪問看護を受ける場合、

一度の訪問で最大90 分までとなっており、それは医療保険も同様です。

また、医療保険の場合は週に3 回までという回数の制限もあります。

多くの場合、この利用回数で収まるとは思いますが、

よりきめ細かいサービスを希望される場合はどうしても自費でないと

満足なサービスは受けられないというケースも出てくると思います。

これだけを見ると自費でサービスを受ける方が圧倒的に有利に見えますが、

もうひとつの大きな差は自己負担比率です。

介護保険の場合は利用額の1 割で、医療保険の場合であっても最大3 割です。

長期間にわたって訪問看護が必要になる場合は、

この費用差が大きな意味を持ちます。

そこでオススメしたいのが、

まずは公的保険の範囲内で訪問看護サービスをご利用になり、

その中でさらに必要だと思われる部分を自費でオプション的に

追加するといった利用方法です。

例えば24 時間体制でいつでも対応してほしいという状況の場合、

訪問看護ステーションおとのいには「24 時間連絡体制加算」といって

約2,500 円で24 時間対応を追加することができます。

無理なく長く続けていける訪問看護のあり方をご提案しておりますので、

いつでもお気軽にご相談ください。

訪問看護サービスで認知症は改善するか

訪問看護サービスは、介護保険の適用を受けて利用することができます。

介護保険の適用を受けるには要介護・要支援の認定を受ける必要がありますが、

その認定を受けるということは利用者様ご本人に認知症の症状が

見られるケースもあります。

そこでよくいただく疑問として、

「訪問看護を利用すると認知症は改善するか?」というものがあります。

認知症は放置していると、どんどん症状が進行してしまうため、

医療や看護など何らかの光を当てる必要性があります。

訪問看護で何らかの光を当てることができれば、

認知症の進行を食い止めたり症状を改善することができるのではないか?

というわけです。

訪問看護はあくまでも「看護」であり、

医師によって行われる在宅医療ではありません。

そのため認知症の治療を直接的に行うことはできないのですが、

訪問看護サービス内容には「認知症者の看護」というカテゴリーがあり

明確に定義されているので、認知症を発症されている方を

サービスの対象としているのは間違いのないところです。

例えば、認知症の症状が進行すると時間の感覚が正常ではなくなるため、

日々の生活リズムが狂ってしまいがちです。

そのために認知症の症状が進行してしまうことも指摘されているため、

訪問看護サービスにおいては日々の睡眠や食事といった

生活リズムの調整や改善というサービス項目が含まれています。

さらに他の人とのコミュニケーションによって症状が改善することもあるため、

コミュニケーションの支援や、

理論的な根拠にもとづくご家族への説明やご相談対応など、

看護というアプローチからできることはたくさんあります。

また、訪問看護はご自宅で受けていただくことが前提のサービスなので、

ご自宅の中にある危険要因の洗い出しや安全環境整備などのご提案も可能です。

こうしたサービス内容を考えると、直接的な治療を行うことに並行して

訪問看護サービスによって生活を改善していける余地は大いにあると思います。

訪問看護サービスを受けたいと思ったら、まずどこに問い合わせるべき?

ご家庭の中で訪問看護サービスを受ける必要があるとお感じの場合、

まず気になるのが「どこに相談すればいいの?」ということだと思います。

訪問看護専門の病院があるわけではありませんし、

介護保険や医療保険を使うとなると病院に行くべきなのかどうか、

迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

訪問看護サービスには、2 つの公的保険が適用されています。

ひとつは介護保険、もうひとつは医療保険です。

医療保険とは民間の保険会社が提供している入院保障などの保険のことではなく、

健康保険と後期高齢者医療保険の総称です。

どちらも公的保険なので、適用を受けることで

訪問看護サービスの費用負担が1 ~ 3 割になります。

長く続けていくうえで重要な制度といえるので、

こうした公的保険の適用を受ける前提でご相談を始められるのが良いと思います。

まず、1 つ目の相談窓口は訪問看護ステーションです。

訪問看護ステーションおとのいでもご相談をいつでもお受けしておりますので、

お気軽にご相談ください。

相談を受けた訪問看護ステーションは利用者様の主治医に連絡を取り、

訪問看護の必要があるという判断を仰いだうえで

訪問看護指示書という書類を受け取ります。

これにより、医療保険の適用を受けて訪問看護サービスの

ご提供が可能になります。

もう1 つの相談窓口は、ケアマネージャーなど介護関連の窓口です。

こちらは利用者様が要介護・要支援の認定を受けている

(もしくは認定を受ける予定がある)場合に適した相談窓口です。

この場合は医師ではなく介護のプロであるケアマネージャーが

ケアプランといって介護の計画を立て、

その一環として訪問看護が位置付けられます。

この場合、適用される保険は介護保険です。

このように、同じ訪問看護サービスを受けるにあたっても

全く異なる2 つのルートがあります。

どちらに相談すべきか分からないという場合は、

まずは情報収集という意味でも訪問看護ステーションに

ご相談をいただくことをオススメします。