訪問看護のIT化に補助金

訪問看護の現場は、情報の共有がとても重要です。

同じ人がずっと同じ利用者様を担当するのであれば

本人の頭の中に情報があるかも知れませんが、

必ずしもそうとは限りません。

また、他の職種の人たちがどんなケアをしたのか、

利用者様の状況はどうなのかといった情報も重要なので、

看護や介護の現場ではこの情報共有をいかに効率よく行うかが

課題になっています。

そこで活用が期待されているのが、IT です。

例えば、「iBow」というソフトは訪問看護ステーションの情報共有のために

開発されたプラットフォームで、

タブレット端末で利用できるようになっています。

訪問看護師はこの「iBow」がインストールされた

タブレット端末を持って現場に行き、

そこで行ったケアや状況などを登録していきます。

これをしておくだけで、次に同じ利用者様の所に

別の訪問看護師がお伺いしたとしても、

これまでの履歴情報が一目瞭然です。

その延長線上で業務ができるので、

利用者様やご家族にとってもいちいち説明する必要がなく、とても便利です。

これはまさに、IT が持つメリットの典型だと思います。

この「iBow」はIT 導入補助金の対象となっています。

つまり導入時に補助金を受け取ることができて、

実質上半分くらいのコストで導入できるようになります。

補助金があるから普及するというだけのことではないと思いますが、

今後はこうしたIT を活用したプラットフォームが

どんどん開発されていくと思います。

それほど看護や介護の現場では情報の共有が重要だということです。

リアルタイムで訪問看護師がどこにいてどんな業務を

行っているのかも把握できるため、

効率のよい人のオペレーションも可能になるでしょう。

あらゆるものがIT 化していくご時世ですが、

これまで介護はIT 化が遅れていた世界だと思います。

これからはIT がどんどん現場を変えていって、

省力化や効率化を進めることができることに期待します。

というのも、訪問看護の現場は人手不足が深刻で、

その傾向は今後も続くでしょう。

機械にできることは機械に任せるというのがこれからの形だと思うので、

訪問看護ステーションのIT は「期待」というより「必須」なのかも知れません。

「良い訪問看護師」ってどんな人?

訪問看護師として働くには、看護師の国家資格が必要です。

看護師の資格を持っている人は、病院などの医療機関や、

私たち「おとのい」のような訪問看護ステーションでも働くことができます。

職場の選択肢が多い看護師さんですが、

訪問看護師として活躍している人にとって「良い訪問看護師」とは

どんな人のことでしょうか。

先ほど述べたように、看護師の資格を持っていると病院などの

医療機関でも働くことができます。

医療機関での看護師とは、通院や入院をしてくる患者さんに対する

ケアをする仕事です。

その一方で訪問看護師は、こちらからご自宅などに訪問をして

ケアをする仕事です。

このように、どこでケアをするかによって同じような仕事を

しているように見えても、その中身は大きく異なると思います。

訪問看護ステーションの視点から思うのは、

訪問看護は一人一人の利用者様(利用者様) との距離がとても近く、

また病状などの関係で手厚いケアを必要とする場合が多いため、

訪問看護師にとっては「看護をしている」という強い実感があります。

また、訪問看護にはターミナルケアといって人生の最期を過ごす方の

緩和ケアを行う業務もあります。

訪問看護は病棟看護よりもターミナルケアに関わるケースが多く、

「病気を治す」ことよりも「人生の残された時間を良いものにする」という

ケアを行うには、異なる価値観のケアが求められます。

この場合、良い訪問看護師とは医療に精通していて病気を治すことに力を

注げる人よりも、人と人とのつながりの中で優しく接することができる

資質のほうが利用者様やご家族に喜んでいただけるのではないでしょうか。

同じ看護師という資格を持った人であっても、病棟看護師と訪問看護師とでは、

これだけ「良い看護師」の視点が異なります。

この他にも大きな病院で働いている看護師さんだと、

たくさんの仕事を流れ作業のようにこなせる人が

理想的だと見なされるかも知れませんし、

やはり看護師というのはとても幅の広い職業であることを実感します。

訪問看護ステーションの質が問われる時代

全国各地に訪問看護ステーションが続々と誕生し、

私たち訪問看護ステーションおとのいも、

今年で13 年目となりました。

おとのいが誕生した当時は今とは状況が異なり、

訪問看護ステーションもそれほど数がありませんでした。

その後、介護ビジネスに参入する企業が増え、

訪問看護ステーションもずいぶん増えました。

訪問看護ステーションの数が増えるということは、

それだけ競争にもなるということです。

以前のように訪問看護ステーションであれば

どこでも良かったという時代ではなくなり、

今は訪問看護ステーションの質が問われる時代です。

では、質が問われる時代に選ばれる訪問看護ステーションとは、

どんな施設のことを言うのでしょうか。

やはり大切なのは、サービスに対する十分な説明や知識だと思います。

そして、それを丁寧に分かりやすくお伝えする能力でしょうか。

サービスの利用を検討されている方の多くは、

訪問看護と訪問介護の違いも分からないという方がほとんどです。

また、お医者さんの往診と在宅医療の違いも分からないという方がほとんどです。

保険を使うとは言えお金の発生するサービスなので、

そのあたりを十分分かりやすくご説明することは重要なポイントだと思います。

なかなか都合の悪いことは伝えたくないと考えがちですが、

そういった点を放置したままサービスの提供を始めると、

必ず後になってその置き去りにしてきた問題が表面化します。

そして問題が大きくなります。

その時に評判を落としてしまうのは訪問看護ステーションとしても

メリットがないことなので、やはり事前に十分な説明が大切なんだと思います。

サービス開始後で大切なのは、訪問時間を守れること。

これは意外に軽視されがちなことなのですが、

利用者様やご家族にとっては大きな問題です。

約束通りの時間に来てくれなければ他の予定に影響が出たりするでしょうし、

時間にルーズなのは致命的です。

また、サービスの提供にあたって利用者様の状況や情報がしっかりと

共有されているかも、効率や危険防止という意味で重要になります。

毎回違う看護師がやってきて「前回はどうでしたか?」と聞かれては、

利用者様も不信を感じてしまうことと思います。

訪問看護ステーションならどこでもいい、

どこでも同じというのは、今や昔話です。

納得できる施設を選んで気持ちよく利用していただきたいと思っています。

訪問看護の現場で感じる、多職種連携の難しさ

訪問看護という取り組みは、訪問看護師だけで完結できるものではありません。

訪問看護師の他に訪問介護員や医師などがひとりの利用者様に対する業務を行い、

その司令塔となるのがケアマネージャーです。

これだけでもすでに4 つの職種の人たちが関わっているわけで、

このような仕組みのことを多職種連携といいます。

介護や医療はそれぞれの資格を持った人にしかできない仕事が多いので、

それぞれの職種の専門家たちは自分の専門とする業務を行います。

これを越えて勝手なことをするのは法律上できないので、

多職種連携が必須となるわけです。

しかし、いくら同じ目的に向かって仕事をしているとはいえ、

それぞれの職種には特有の価値観や事情がありますし、

それ以前にそれぞれの役割を担っている人の性格的な違いもあります。

よく言われているのは、こうした価値観や役割の異なる人たちが

連携することの難しさです。

そもそもケアマネージャーの役割がよく分からないという人も多いですし、

そうなると誰が司令塔となり、

誰の指示に従えば良いのかもわかりにくいので、

「船頭が何人もいる船」のようになってしまいます。

船頭が何人もいるとまとまらないというのは、

会議などでもよく言われることですが、

それが訪問看護や介護の現場で起きてしまうと、

一番不利益を被ってしまうのは利用者様です。

異なる方針でケアをされてしまうと、

誰の話を信じていいのか分からなくなるでしょうし、

それが積もると不信感にもつながってしまうでしょう。

特に介護や福祉、医療の仕事というのは、

それぞれの職種や担当する人の思想や価値観があります。

同じ職種の中でも異なる思想がぶつかることが少なくないのに、

職種が違うとそれが一層表に出やすくなります。

もちろんそれぞれの業務を担当する人はプロなので、

そこは大人の関係で仕事をするのがほとんどなのですが、

時折考え方の違いが表に出ると、それをすり合わせる仕事が必要になります。

プロであればあるほど、「こうあるべき」

「こうでなければならない」という思いが強くなるのも事実なので、

それをうまく話し合っていくことが多職種連携には欠かせません。

その出来、不出来も訪問看護師としてのスキルではないかと感じます。