訪問看護のキーマン、ケアマネについて

訪問看護は介護サービスなので、サービス提供におけるキーマンは

介護のプロであるケアマネージャーです。

通称ケアマネと呼ばれるこの人たちはどんな仕事をしていて、

訪問看護にどのように関わっているのか?

あまり一般に知られていないことも多いので、

現場からその辺りを解説してみたいと思います。

ケアマネージャー、もしくはケアマネと呼ばれることの多い職業ですが、

正式には介護支援専門員といいます。

おおむね仕事の内容を表した言葉だと言えます。

福祉業界には色々な資格があります。

介護福祉士やヘルパーは資格取得者が多いので有名ですが、

その延長線上にあるのがケアマネージャーです。

介護支援専門員実務研修受講試験というとても長い名前の試験に

合格するとケアマネージャー資格を得ることができます。

難易度はそこそこ高く、誰でもすぐになれるというものではありません。

訪問看護ステーションから見たケアマネージャーは、

利用者の方々が相談をされた時にサービスの提供を打診してくる立場です。

「訪問看護を必要としている方がいますが、サービス提供可能ですか?」という

内容の打診です。

ケアマネージャーは地元にどんな訪問看護ステーションがあって、

それぞれの場所や特色などを把握しています。

それを踏まえた上でサービス提供の打診をしているので、

訪問看護ステーションおとのいに話が来るということは当ステーションが

適切であるとケアマネージャーさんが考えている可能性が高いというわけです。

介護サービスを提供するにあたって、利用者様がどんな状態なのか、

ご本人がどんな介護を希望されているのかによって、

ケアマネージャーはケアプランと呼ばれる計画書を作成します。

介護サービスの提供はそのケアプランをベースに進められるため、

ご本人だけでなくご家族、サービス提供側としても重要な書類です。

いわば介護のプロデューサーのような役目を担っているのが、

ケアマネージャーなのです。

訪問看護についてサービス提供者として知っておいていただきたいこと

これまで病院でケアするレベルだった高齢の患者さんが、

退院して自宅でケアを受けることになった。

そのこと自体は本人も喜んでいるし良かったと思うが、

果たして病院で受けていた治療と同じことが自宅でもできるのだろうか・・・?

以前であれば病院のたらい回しが問題になるほど、

高齢の方々があちこちの病院を転々とするような状況も

珍しくありませんでしたが、

病院のキャパシティや自宅療養を希望する方の声にこたえるという意味もあって、

自宅療養をするケースが多くなっています。

そんな時に検討するべきものが、訪問看護です。

例えば、病院で点滴治療を受けていた方が退院して自宅に

帰られるようになったとします。

その後も点滴の治療が必要なので自宅で点滴治療を行うと言っても、

ご家族にとっては果たしてちゃんとそれができるかという不安を

お持ちになることと思います。

そんな時にご自宅で看護師が適切な処置を行えるのが、訪問看護のメリットです

ここでは点滴治療だけに絞ったお話をしましたが、

自宅療養をされる方のケアをするご家族にとって、

心配事や不安はとても大きいと思います。

「こんな時はどうしたらいいの?」という知識を

持っておく必要もあるでしょうし、

入院していた時はすべてプロに任せられたものを、

自分たちでやるとなると相当な負担になります。

訪問看護は、それを自宅で行うことができるサービスです。

訪問看護ステーションには看護師の有資格者が在籍し、

その資格と知識、経験を用いて看護サービスを提供します。

そこにはもちろん、「こんな時はどうすればいい?」という疑問に

対するアドバイスも含まれています。

訪問看護師は24 時間ずっと常駐しているわけではないので、

ご家族だけになった時のケアや対処法についても、

それぞれのケースに即したアドバイスを行っています。

ご家族にケアが必要な高齢の方がおられる場合は

ケアマネージャーなどを通じて訪問看護の存在を知っている方は多いのですが、

そうでない人の場合、訪問看護の存在自体を知らないという人も

まだまだ多いのが現実です。

介護や自宅療養は多くの方にとって無関係ではないことなので、

必要が生じた時のために訪問看護の存在を知っておいていただければと思います。

どんな人が訪問看護を受けるべき?誰に相談すれば良い?

訪問看護というサービスは知っていても、身近なところにそれを利用したことが

あるという方がいないとなかなか実際のところを知るのは難しいものです。

そこで、訪問看護について「名前を知っている程度」という方にも

ご理解いただけるよう、現実に即したお話をしたいと思います。

まず、基本的な知識から。

訪問看護は、介護サービスの一種です。

「看護」という名前がついているため在宅医療など

医療に関するサービスだと思われがちなのですが、

サービス利用にあたって介護保険を利用できることを踏まえても、

介護サービスの一種であることが分かります。

サービスの対象者は、要介護認定をされた方です。

要介護1 から5 まで、全段階の方が対象となります。

介護サービスということで高齢者向けのサービスだと思われがちですが、

実は40 歳以上の方で要介護認定をされた方であれば利用可能です。

なお、要介護と似た「要支援」というカテゴリーがありますが、

要支援の方は訪問看護の対象外となっています。

自宅療養をされているご家族がおられる場合、訪問看護が必要だと感じたら、

相談をする窓口はケアマネージャーです。

療養をされているということはかかりつけの医師もいると思いますので、

その医師から最寄りのケアマネージャーを紹介してもらうのが

手っ取り早いでしょう。

もちろん、ご家族自身がケアマネージャーを探して相談をしてもかまいません。

相談を受けたケアマネージャーというのは、介護のプロです。

ケアマネージャーは自身の経験や知識によって訪問看護が必要かどうかの検討を

行い、必要だと判断したら訪問看護ステーションにサービス提供の打診をします

訪問看護ステーションの多くはそれほど規模が大きいわけではないため、

人員や時間の都合でサービス提供ができない場合もあります。

それも含めてケアマネージャーが擦り合わせをしてくれます。

訪問看護を受けるようになるには、この先もさまざまなプロセスがあります。

しかしこの先はケアマネージャーが主体となって関係各所が

手続きを進めていきます。

まずは、お身内が訪問看護を必要としているか?

必要だと思ったら誰に相談したら良いのか?

という部分を押さえておいていただければと思います。

病院ではなく自宅で最期を迎えたいという方の気持ち

訪問看護ステーションおとのいには、ターミナルケアというサービスがあります

これは訪問看護サービスの一種として定義されているもので、

いわゆる終末期ケアです。

治る見込みのない病気をお持ちの方や、

高齢で残された時間が少ないと見込まれている方などが、

それまでの時間をご自宅で安らかに過ごしたいというご要望をお持ちの場合、

そのための必要なケアを提供するのがターミナルケアです。

積極的な治療は行わず、痛みや不安などを緩和するケアが中心となります。

おとのいにも多くの利用者様がおられますが、訪問看護の現場から見ていると

「自宅で最期を迎えたい」という方は想像以上に多いと感じます。

人によっては設備や緊急体制が整っている病院の方が安心できるという

考え方もあるのではないかと思いますが、

すでに人生の最期を意識されている方にとっては、

それまでの時間の中身と最期を迎える瞬間に

どこに居たいかということが優先されるのだと思います。

以前であれば、こうしたご要望にお応えするだけの

制度が整えられていませんでした。

しかし、今では訪問看護があり、その中にターミナルケアがあります。

介護保険を利用してサービスを受けることができるので

費用的な負担も軽くなっています。

昔は「畳の上で死にたい」という方がとても多かったのですがの、

実際にはほとんどの方が畳の上ではなく病院のベッドで

お亡くなりになられていました。

ご自宅に帰られても看護できる仕組みがなかった

時代なので仕方なかったのですが、今ではその制度が確立されているので、

ご本人の気持ちを最優先した選択をしていただきたいと思います。

人生は一度しかないもので、もちろん終末期も一度限りです。

ご本人がすでに意識を失っておられても、

ご家族が「もっとこうしてあげれば良かった」と後悔を

残してしまっても後からやり直すことはできません。

プロに任せられることはプロに任せられる時代なので、

それを活用してご本人が満足できる終末期を整えて差し上げてほしいと思います。