人工知能とロボットの進化は訪問看護を変える?

最近本当に、人工知能やロボットに関する話題が多くなったように思います。

人工知能もロボットも最近になって登場したものではないのに、

これだけ注目度が高くなっている理由は他でもありません。

以前とは比べ物にならないほど進化しており、私たちがSF 映画などで

見ていた世界が現実になるかも知れないという域に達しているからです。

そうなると「人工知能、ロボットに奪われる職業」という研究も行われるわけで、

とりわけ単純作業や反復作業を伴うような職業は

どんどん機械化されるだろうと言われています。

では、訪問看護はどうでしょうか?

医療や看護、介護などの分野にロボットを活用する研究は広く行われています。

北欧諸国は福祉も進んでいるので、ロボットによる看護や

介護の研究もかなり進んでいるようです。

その現場からは、「看護業務のうち多くの部分はロボットに

置き換えることができる」という声も聞かれます。

これについてはそうなるだろうと思える部分と、

そうではないと思える部分の両方があります。

先ほども述べたように、機械やコンピューターは反復作業や単純作業には

高い適性を持っています。

正確かつスピーディに仕事をこなすことができるので、

看護業務の中でもそういった作業はテキパキとこなしてくれることでしょう。

しかし、訪問看護の場合は人間の臨機応変な判断力が

求められるシーンが実に多くあります。

ただでさえ人が相手の仕事だけにマニュアル通りにいかないことが

多々ありますし、やはり血の通った人間だからこそできるケアを

求める利用者様も多くおられます。

これは自分がサービスを受ける側になったつもりで考えてみても、

自然なことだと思います。

人工知能とロボットの進化は、これからもますます進んでいくでしょう。

そして人手不足が慢性化している看護や介護の世界で

それらが活躍することへの期待値も大きくなっていくことでしょう。

しかし、やはり利用者様の心に寄り添って優しさを発揮できるのは

未来になっても人間だけのような気がします。

鉄腕アトムのような人工知能を持つロボットが

開発されれば話は別だと思いますが、まだまだアトムはSF の中の

キャラクターであり、それが現実になるとしてもまだまだ先のことでしょう。

ご自宅で自分にできることを増やす意義

訪問看護ステーションおとのいでは理学療法士の有資格者を擁し、

訪問リハビリサービスをご提供しております。

訪問看護と比べるとあまり世の中に周知されていないサービスでもあるので、

現場から見えてくるメリットについてお話しをしたいと思います。

訪問リハビリの大きなポイントは、「訪問」であること。

つまり、利用者様がご自宅にいながらにしてサービスを受けられることです。

これはつまり、ご自宅での生活動作を実践的に

リハビリできるというメリットにつながります。

病院や福祉施設にある階段は登れるのに、

家の階段だとそれができないというケースがあります。

健常者から見れば同じ階段に見えていても、

身体機能の状態によってはそれが大きな違いとなることもあります。

理学療法士が利用者様のご自宅でリハビリ指導を行えば、

日々よく利用するご自宅の階段で練習ができるのでとても実践的です。

高齢の方が最も多くの時間を過ごされるのは、ご自宅です。

そのご自宅で自分のことを自分でやるというのは、

精神的にも大きな安心感につながります。

ご家族に負担をかけたくないという思いをお持ちの方も多いですし、

それに加えて「自分のことは自分でやりたい」というのは人としての尊厳です。

訪問リハビリはこの思いの実現をお手伝いするサービスです。

利用者様が行ってきた、何気ない動作。

例えば、朝起きたら自分でベッドから起きてトイレに行きたいという

何気ないものも含まれます。

健常者にとっては当たり前すぎることかも知れませんが、

それができなくなってしまった時のことを想像してみると、

その有難味が想像できるのではないかと思います。

日常にある何気ない動作ができる喜びというのは、

訪問リハビリの現場でしか見られない風景ではないでしょうか。

いきなり何もかも自由にできるようになりたいとなると負担も大きくなり、

思うようにならないとモチベーションが低下してしまいます。

何気ない動作を1 つ目標として設定し、それができるようになったという

成功体験を積み重ねることが、訪問リハビリの成功に欠かせません。

焦らずコツコツと、喜びを積み重ねる。

その道筋をつけてケアをすることができるのが、プロである理学療法士です。

自分にできることを増やす喜びをお届けするのが、

訪問看護ステーションおとのいの訪問リハビリサービスです。

通院でのリハビリが困難な方にオススメしたい訪問リハビリ

訪問看護ステーションおとのいでは、国家資格を持った理学療法士が活躍中です。

理学療法といえば身体の機能維持や回復を目的としたリハビリテーションですが、

それをご自宅にいながら受けられるのが訪問リハビリです。

訪問リハビリで受けられるサービスとして最も直接的なのが、

身体機能アプローチと日常生活動作指導です。

身体機能アプローチとは、満足に機能しなくなってしまっている部分に対して

筋肉をほぐしたり関節の運動を行うサービスです。

国家資格を持つ理学療法士が直接体にアプローチすることで起き上がりや

立ち上がり、歩行などといった基本動作を行いやすいように指導を行います。

さらに、日常生活では食事や排せつ、入浴、更衣などさまざまな動作があります。

これらの動作を行うための指導や、それを介助してもらうための

コミュニケーションの取り方などについても指導を行います。

これらの支援サービスは病院でも受けることができますが、

リハビリを必要とする方の中には通院が困難という方も少なくありません。

そんな方に役立つのが、訪問によるリハビリサービスというわけです。

身体を動かしにくくなるというのは、日常生活にも大きな影響を及ぼします。

それがストレスになってしまうことも多いので、

そんな時は早めの時期にプロの理学療法士によって適切なアプローチを

行うことがその後の結果を大きく変えます。

身体機能の低下によるストレスは、健康上他の部分に悪影響を

及ぼすことも考えられます。

また、一緒に生活をされているご家族にとっても負担になってしまうので、

精神的なケアも含めて訪問リハビリを大いに

活用していただきたいと考えています。

その他にも、訪問リハビリを利用するメリットとして

ご自宅の住環境改善のご提案が挙げられます。

手すりの一や段差の対応などといった住環境の改善に加えて、

適切な福祉用具の選び方などについてもアドバイスをすることができますので、

あらゆる角度からの環境改善を見込むことができます。

こうした訪問リハビリは、介護認定をされた上で主治医が必要と認めることで

サービスを受けられるようになります。

こうした条件下であれば医療保険の利用も可能なので、

詳しいことは訪問看護ステーションおとのいまでお気軽にご相談ください。

早期のターミナルケア導入が推奨されている理由

ターミナルケアというと、終末期の緩和ケアだけに

フォーカスされている傾向が見られます。

しかし、実際のターミナルケアは「回復をあきらめた人」への

ケアというだけの意味合いではありません。

ターミナルケアを早期に導入することにより、

治療そのものの効果を高めることが分かってきており、

ターミナルケアの役割がより大きくなっています。

例えばガン治療におけるターミナルケアは痛みや不安を

取り除くことに終始すると思われがちですが、

ターミナルケアで痛みや不安を緩和することにより

がん治療の効果を高めることができるというわけです。

一般的に思われているターミナルケアの目的とは、

終末期のQOL 改善です。

痛みや不安を和らげ、穏やかに毎日を過ごすことで

QOL だけでなく「命の質」を改善することに主眼が置かれています。

もっとも、ターミナルケアを早期に導入したからといって

根治する可能性が高くなるわけではありません。

しかし、治療効果を高めることができれば延命も可能になるため、

利用者様にとっては選択肢が増えるというメリットがあります。

実はこうした取り組みは今に始まったことではありません。

2002 年に世界保健機構が「開始すべき積極的な医療」と定義しており、

日本で一般的に見なされているイメージとはかなり違うことが分かります。

さらに、2010 年にはアメリカにおいて緩和ケアによる生存期間延長の

可能性が研究され、そこでも期待の持てる結果が示されました。

とかく、日本人は痛みに強い(正確には痛みを我慢することに強い)

国民性があると言われています。

ちょっとした痛みであれば我慢してしまい、

我慢することが美徳であるという考え方が根底にあります。

これはもちろん周囲への気遣いからのものですが、

痛みや不安を我慢することでQOL だけでなく治療効果を

低くしてしまうとなると、話は別です。

ターミナルケア=終末期の緩和ケアというイメージだけでなく、

痛みや不安を緩和することが体を元気にするというイメージも加えることで、

ターミナルケアが持つ本来のメリットを発揮するのです。

こうした理由もあって、訪問看護ステーションおとのいでは

ターミナルケアの早期導入を推進しています。