訪問看護ステーションはスキルと経験の宝庫

病棟で勤務している看護師と、

訪問看護師は同じことをやっているように見えて、

実はかなりその内容は異なります。

もちろん同じ看護師免許でその職に就くことはできるのですが、

仕事を通じて身につくスキルにもずいぶん違いがあります。

訪問看護の現場は、言うまでもなく利用者様の居宅です。

病院ではないので設備面でもまるで違いますし、

そもそも居宅というのは医療を受けるための空間ではありません。

そのため、訪問看護師はその場所で少しでもうまく看護を提供するために

さまざまな工夫をしています。

この工夫の積み重ねが、看護師としてのスキルをどんどん高めていきます。

当初の予定通りの看護内容とはならず利用者様に何か急な変化が起きていたり、

想定外のことが起きることもあるでしょう。

そんな時に冷静に対応する訪問看護師の姿は、

ご家族から見ればとても頼もしいプロに映るはずです。

これこそが訪問看護の現場で、実際に活躍している看護師さんにとっては

これがやりがいだとも言います。

また、訪問看護の現場では利用者様やそのご家族からさまざまな相談や

質問を受けることがあります。

目の前にいるプロに色々と相談したいのは利用者様にとって自然なことですが、

逆に考えるとそれだけ頼りにされているということです。

そんな場面を経験するうちに即答できるだけの知識が

どんどん身についていきますし、コミュニケーションスキルという

現場でしか鍛えることができない能力も身につきます。

訪問看護ステーションは、そんなノウハウの宝庫です。

看護師としてのスキルを磨きたい、もっと何でもできる看護師になりたいと

お考えの方にとっては理想的な環境だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です