実はとても長い、訪問看護の歴史

現在、訪問看護は介護保険法によって医療、

介護のサービスとして明確に規定されていますが、

その介護保険法が制定されたのが2000 年です。

それでは2000 年以前は訪問看護が存在しなかったのかというと、

そんなことはありません。

看護の歴史がとても長いのと同じように、

訪問看護にも実に長い歴史があるのです。

あまり知られていませんが、実は日本における「看護」の起源は、

聖徳太子の時代にまでさかのぼります。

大阪の四天王寺といえば聖徳太子が建立した最古のお寺として有名ですが、

この周辺には日本の看護のルーツとなる施設が存在していました。

そもそも看護は宗教にある慈悲の精神を実践する形で始まったものなので、

日本における看護は古代の仏教が起源となっています。

現在の大阪市天王寺区にはかつての施薬院や悲田院といった「看護施設」が

点在し、病人や恵まれない人などを収容して手当てをしていたそうです。

悲田院については今も地名としてしっかりと残っています。

しかし、こうした原始的な看護の担い手は当時の僧侶であり、

現在のように看護師という職業が確立しているわけではありませんでした。

当然ながら医療や介護の専門家でもない人たちが担い手となっていました。

現在の日本で提供されている看護サービスは、欧米で確立した仕組みです。

明治維新とともに日本に入ってきた看護の文化が日本でも根付き、

今に至っています。看護は病院でするもの、

それ以外の病人の世話は家庭でするものという意識が長らく続いてきたのですが、

現代になると家庭にも医療の手を差し伸べる必要があるという声が高まり、

派出看護婦という現在の訪問看護の草分けのようなものが誕生します。

イギリスで派出看護婦が担い手となる地区巡回看護という考え方が確立され、

その中には現代の訪問看護と呼べるようなサービスが含まれていました。

これらは戦前の話ですが、日本では戦後になってさらに

看護という職業の独立性が強くなり、その中に訪問看護という

ひとつのサービスやスキルが確立してきたのです。

こうして見ると、看護や訪問看護の歴史というのは

人類の文明とほぼ同じだけの歴史を持っていることが分かります。

私たちが今行っている訪問看護というサービスは、

こうした長い歴史の中で進化し、多くの人の努力によって

確立してきたものだということを意識すると、

自ずと仕事に対する誇りや使命感が湧いてくる思いがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です