とても重要な、訪問看護ステーションと各方面との連携

訪問看護は、介護保険法にも規定されている介護サービスの一種です。

介護サービスの司令塔というと、通称ケアマネと呼ばれるケアマネージャーです。

ケアマネージャーの判断によってサービス提供の依頼があると、

訪問看護ステーションはそれに基づくサービスの提供を行います。

そして訪問看護ステーションからはサービスの報告やサービス提供を

通じて気づいたことなどの情報をケアマネージャーに伝達します。

これが訪問看護サービスの一連の流れなので、ここで重要になるのが

訪問看護ステーションとケアマネージャーとの緊密な連絡や情報の共有です。

なぜなら、訪問看護ステーションという「現場」からいかに正確で

新しい情報がもたらされるかによって、ケアマネージャーが適切な判断を

できるかどうかが決まるからです。

ここもうひとつ、重要になるのがかかりつけ医師との連携です。

ケアマネージャーとの連携と同じように、かかりつけ医師からの指示や

申し込みによって訪問看護サービスが提供されるわけですが、

やはりその「現場」からの最も正確な情報は、訪問看護師からもたらされます。

ケアマネージャーも、かかりつけ医師も、訪問看護の現場の生きた情報が

なければ正確で適切な判断を下しにくいので、

情報を共有することがいかに重要であるかが分かります。

このことはもちろん、「訪問看護ステーションおとのい」でも認識しています。

私たちのサービスだけが良ければそれで良いということは絶対に成り立たず、

利用者様を取り囲むように存在している各方面と正確に情報を共有することが

サービス向上の成否を分けます。

こうした連携の重要性は、介護サービスの質的向上というだけでなく、

利用者様本人にとっての安心感にも影響します。

「ちゃんと各方面が情報を共有出来ていてベストを尽くしてくれている」

ということが伝わると、利用者様本人だけでなくご家族にも大きな

安心感となって伝わります。

今は、情報通信の手段が発達している時代です。

「訪問看護ステーションおとのい」も、効率の良い方法を駆使しながら

各方面の連携や情報共有を密にすることで、

サービスと安心感の向上を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です