ターミナルケアで大切なこと

どんな人にも、人生の最後があります。

それが病気という形、しかも癌などの命に関わる病気で最後を

迎えつつある方の「残された時間」をいかに有意義なものにするか。

ターミナルケアに対する社会的な期待値や使命が高まっています。

ターミナルケアは看取りケアとも呼ばれ、

人生の終わりが近づいている利用者様の残された時間に対するケアのことです。

延命や病気を治す治療ではなく、痛みや症状の緩和や精神面でのケアが

中心になっているのが特徴で、病院ではホスピスと呼ばれているものです。

ターミナルケアの最大の特徴は、病院ではなく住み慣れた自宅でケアを

受けられること。

人は誰でも、人生の最後が近づいているという限られた時間の

過ごし方として住み慣れた家で、心を許せる人と過ごしたいと思うものです。

このこと自体は自然なことでご家族も同じ思いをお持ちかも知れませんが、

問題はご自宅が病院ではないということです。

どんなにメンタルが強い人であっても、ご自身の死が近づいていることに

穏やかでいられるかというと、なかなかそうはいきません。

感情的になったり不安になったりするのは、これまた自然なことです。

ご家族にそのすべてを受け入れてくださいというのは酷なことでもあります。

訪問看護のターミナルケアには、利用者様に医療という光を当てるだけでなく、

医療の光が当たっている」ことを認識してもらうことで得られる

安心感をお届けするという大切な役割もあります。

また、病気で終末期を迎えている人というのは、

いつ容体がどんな形で急変するか分かりません。

昼間にそれが起きるとは限らず、真夜中に容体が急変するかも知れません。

そのため、訪問看護ステーションは24時間営業である必要があります。

「おとのい」もターミナルケアをご提供する訪問看護ステーションとして、

利用者様だけでなくそのご家族に満足していただける態勢を構築しています。

人はさまざまな人生を送り、1人として他人と全く同じ人生を送る人はいません。

それと同じように終末期の時間の過ごし方も人それぞれ。

「おとのい」はそれぞれの利用者様やそのご家族にとってオリジナルであり

オーダーメイドである訪問看護のあり方を常に模索しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です