子育てママも活躍しています

看護婦から看護師という呼び方に変わったものの、依然として看護の現場は女性が多く、女性が活躍する職業の代表格となっています。女性が活躍する職場は他にもありますが、そこで大切なことは2つあります。
1つはアットホームな職場であること。本能的に女性は自分の居場所が心地よいものであることを重視するので、職場も同様です。訪問看護の仕事でもチームワークはとても大切なので、アットホームな職場づくりをスタッフ全員が意識しています。自分の居場所が心地よいものであってほしいというのは全スタッフに共通する思いなので、自然とそうなります。
もう1つは、子育てママさんが安心して働けること。女性のライフイベントとして結婚や出産、子育てというのは多くの方が経験することです。もちろん、おとのいでも多くの子育てママさんが活躍しています。子育てと仕事の両立というのは、言葉でいうだけなら簡単ですが、実際になるとまた話は違います。そこで発揮されるのが、チームワークやアットホームな職場づくりです。看護師さん同士で助け合いながらお休みが取りやすいように工夫をしているので、これはとても意味のあることだと思います。
どんな職場なのか、実際に見てみないとイメージが掴みにくいという方もおられます。見たことのない職場でいきなり活躍できるかというと、むしろそのほうが難しいので、そんな不安をお持ちになるのは当然です。おとのいでは採用前にスタッフに同行をして見学をしたいただくことも可能です。そんな機会をいかして、ご自身の目でどんな職場なのか、どんなメンバーがいるのかを見ていただきたいと思います。
看護師さんの中には、出産や育児などを経てブランクがあるという方も多くおられます。しかし、せっかくお持ちの看護師免許とそれまでの経験を眠らせておくのはもったいないことです。おとのいはブランクがあるという方にも活躍していただけるように力を入れているので、ご自身のペースでじっくりと利用者様と接していただける仕組みをご用意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です